最短でアプローチ上達!これだけは押さえたい7つのコツ

ap
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アプローチは一見簡単そうにも見える近い距離でのショットにもかかわらず、思い通りにいかないことも多く苦手意識をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、アプローチショットは実はかなりたくさんの技術量や、引き出しの多さが求められる場面でもあるのです。

それだけにゴルファーを悩ませる壁となりますが、コツを知ることで上達が早くなったり次のラウンドでもさっそく違う結果となって現れるかもしれません。

今回はアプローチにおける技術、メンタルなど各要素の中から特に厳選した7つのコツを紹介します。

目次

1. アプローチのスイング2つのコツ
1.1 クラブを短く持つ
1.2 身体の回転で打つ

2. 寄せるために知っておきたい3つのコツ
2.1 100切るまではPW(ピッチングウェッジ)で転がす
2.2 積極的に歩測する
2.3 点ではなく線でボールの落としどころを決める

3. 2つのメンタル術
3.1 2点に意識を集中する
3.2 ルーティンの動作をつくる

4. まとめ

1. アプローチのスイング2つのコツ

まずは、アプローチでのスイングで押さえてほしい2つのコツを紹介します。

1.1 クラブを短く持つ

アプローチでは、クラブを短く持ちましょう。そうすることで操作性が増し、大きなミスを起こりにくくします。また、グリップする箇所が少し細くなるので指先でいつもより軽く握る感覚になり、力まずにスイングのバランスが良くなることも期待できます。

1.2 身体の回転で打つ

近い距離になると手だけで距離を合わせようとする方がいますが、アプローチのようなまとまったコントロールショットではより正確な距離感と安定したスイングが大切なので、身体の回転を使って打ちましょう。
その際、以下の3つの点を意識してください。

  • スタンスを狭くする(こぶし一つ分)
  • 一定のリズム、テンポで打つ
  • 腰~腰など、左右対称の幅で打つ

また、アプローチの基本的なアドレスや打ち方について知りたい方は「グリーン周りで焦らない!アプローチの正しい構えと打ち方」もご覧ください。

2. 寄せるために知っておきたい3つのコツ

アプローチはピンに寄せるために、正しい方向性や距離感も求められます。そのためスイングの技術に加えて、この章で紹介する3つのコツを知ってプレーに生かしていきましょう。

2.1 100切るまではPW(ピッチングウェッジ)で転がす

スコアが100を切るまでは、クラブはPW1本のみを使い、ピッチエンドラン・ランニングアプローチの2つの球種でアプローチをしましょう。他のクラブや球種を使い分けるのはそのあとです。

なぜかというと、ゴルフは基本的に「いかに転がして寄せるか」を考えます。ある程度安定したアプローチが出来るようになるまでは先ほど挙げたピッチエンドラン・ランニングアプローチのような、ミスに寛容で転がしで寄せていけるアプローチに絞って感覚を磨いて下さい。

2.2 積極的に歩測する

ピンまでおよそ何ヤードなのか、できるだけ積極的に歩測をしましょう。
これは体の温まっていないスタート後数ホールや食事明けの体が反応しにくいとき、練習をサボりがちなとき等に起こしやすい大たたきを防ぐためにも役立ちますし、気持ちも落ち着きます。

歩測kakou

ボールのある位置からピンまでのざっくりした距離に加えて、できればピン周辺の傾斜やグリーン全体の傾斜も見れると良いでしょう。目視では分からない下りの傾斜を見落として、ボールがあらぬ方向に転がって行ってしまうような事態も防げます。

アプローチが上手だったり、100切りをしている人はこの歩測をしっかりしている場合が多いです。とても効果的なのでぜひ習慣づけてください。

2.3 点ではなく線でボールの落としどころを決める

ボールの落とし所を、ピンポイントに点で考えていませんか?それでプレッシャーが募る場合はもっとアバウトに設定しましょう。
例えば、グリーン上を縦と横の線でそれぞれ3分割してどのゾーンに落とすか考えましょう。
スコアが縮まってくれば自然と「点」に落とすことが出来るようになります。

グリーン分割加工

この時、先ほど挙げた歩測をすることでパッと見ただけでは分からないカップ周りや後方の傾斜に気づくことができます。ボールの落とし所がより正しくイメージできるようになるので、ぜひ自分の足を積極的に使いましょう。

3. 2つのメンタル術

アプローチでは、メンタルの状態が良くも悪くもプレーに大きく影響します。
特にピンが目と鼻の先に見えるような場面では「ここで寄せなきゃもったいない」「ミスすると恥ずかしい」「あわよくばチップイン」など、余計な心の声に支配されがちでミスにつながりやすいです。
逆に多少のことで動じないメンタルがあれば、特にこのアプローチでは大きなアドバンテージになりますし、実力を惜しみなく発揮することができます。

安定したメンタルを身につけるポイントは、シンプルですが「集中力」を高めることです。集中力が高まれば、余計なことは考えず正しい判断やスイングのイメージに力を発揮することができます。

3.1 2点に意識を集中する

アプローチで頭を働かせるのは以下の2点のみです。ショットの結果やスコアのことはここでは考えません。以下の2点に集中する力が高まれば、余計な緊張も和らぐでしょう。

  • 1番最適なボールの落とし所
  • 打ったボールが落ちて転がっていくイメージ

この2点がしっかりイメージできたら、あとはテンポよく打ってしまいましょう。ちなみに打つ時もピンやボールは見ず、狙った落とし場所を見て打てると良いです。

ボールの落とし場所が良く分からないという方は、「確実にアプローチの距離感を手に入れる2つのポイント」で判断の仕方を紹介していますのでご覧ください。

3.2 ルーティンの動作をつくる

ショットの前に毎回行うルーティンの動作を作りましょう。こうすることによって心身のリズムがいつも通りに整うので上がりやすい方には特に効果的です。
例えば野球のイチロー選手など、よく見ていると多くのスポーツ選手がルーティンの動作を取り入れています。特に何もせずにショットに臨んでいる方は、気持ちを切り替えるスイッチとなる動作が一つあると心強いでしょう。

今回はその一例として、オススメの素振りを紹介します。通常の空を切る素振りではなく、以下のように行うと本番のショットにも生きて効果的です。

  • 芝生をザッとこするように振る
  • 実際に打つ時と同じくらいの強さで振る

芝生こする素振り加工

この素振りは、仮に芝生をこすった箇所にボールがあればナイスショットになるのでとても実践的です。本番では、今行った素振りでクラブヘッドが落ちた位置にボールを置けばOKです。

4. まとめ

今回ご紹介したコツはアプローチを正しく攻略するためにどれも欠かせない重要なものなので、新たに知ったことがあればさっそくコースや練習場で取り入れてみて下さい。

そして知識も大切ですが、アプローチはそれ以上に場数を踏んでご自身の感覚を磨いていくことも大切です。効果的な練習方法や、練習用具を「練習場でも自宅でも!ゴルフのアプローチに効果的な練習2つ」でご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。


pc_cta_bnr_a

過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中