爪先下がりとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

爪先下がりとは

爪先下がりとは、足の位置よりもボールの位置のほうが低くなっている傾斜のことをいいます。この場合、ボールは右側に出やすくなります。

爪先下がりの傾斜では、アドレスが不安定になりがちです。しっかりと腰を落として前傾姿勢を適切にとり、下半身を安定させましょう。

また、ボールを飛ばしたり上げようと意識するのはやめ、それよりも正確に打つということを意識するようにして下さい。大きく振るのではなく、コンパクトスイングを心がけましょう。ハーフスイングかスリークォーターで打てば、バランスを崩さずに済みます。




 
pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中