カジュアル・ウォーターとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カジュアル・ウォーターとは

カジュアル・ウォーターとは、雨の後などにコースに出来る、一時的な水たまりのことです。雪や自然の氷もカジュアルウォーターになります。これはあくまでも一時的なものであるため、ウォーターハザードとは区別されます。

ゴルフのプレー中、急な雨で出来た「水たまり」にボールが… |マイベストプロ大阪・和歌山

明らかに目で見て水たまりができているときはもちろんですが、スタンスをとったときに水が浮き出てくるような場合も、カジュアル・ウォーターとして認められます。ただし、柔らかくべとべとした地面は、スタンス時に地面に水が出てこない限り、カジュアルウォーターではありません。また、必要以上に足で強く踏んだ結果としての水も、カジュアルウォーターとしては認められません。

カジュアルウォーターにボールが入ってしまったり、スタンスがかかってしまう場合には、ペナルティなしで救済を受けることが出来ます。その場合は、「救済のニヤレストポイント」から1クラブレングスの範囲内にドロップします。

casual-water1

救済のニヤレストポイントとは、

  • ボールの止まっている場所に最も近いコース上の場所
  • ホールに近づかない
  • その場所にボールを置くことで、ストロークをするときに、救済を受けようとしている状態による障害が無くなる場所

とされており、このポイントからクラブ1本分の長さの範囲内にドロップします。ドロップとは、まっすぐ立って腕を伸ばし、肩の高さからボールを落とすことです。

なお、カジュアル・ウォーターからの救済の際には、拾い上げたボールを拭くことが出来ます。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中