コツを掴んで飛ばし屋に!ゴルフで飛距離アップする為の5ステップ

ゴルフをしたことがある人なら誰しも、「ボールをもっと遠くへ飛ばしてみたい!」と思った事ってありますよね?
飛距離を伸ばしてスコアをアップする為には、「飛距離を伸ばす為に押さえておくべきコツ」を知った上で練習することがとても大切です。
 
より遠くへ飛ばすために最低限必要なことを理解せずにやみくもに練習をしたり、クラブを買い替えたりしても、飛距離アップにはなかなか繋がりません。
 
実際に飛距離のアップの為には、下記の5つのステップを理解し、実践する事が不可欠です。

 
このページでは、ゴルフを始めたての初心者の方から経験者まで、全ての人がより遠くへ飛ばせるゴルファーになる為に、押さえておきたい飛ばすコツとその練習方法、クラブの選び方などを順序立てて説明していきます。
 
ここで紹介された方法を一つ一つ実践していくと、早い人だと次のラウンドからすぐに飛距離が上がります。ぜひ練習の参考になさってください。

のついている記事では、特に重要な練習法やコツをご紹介しています。

Step:1
自分の飛距離を確認してクセを治す

まずは、ご自身の現在の飛距離を確認して、スイングのクセを治していきましょう
 
最近の打ちっぱなし練習場には、ビデオ映像などでスイングを確認できる機械が導入されている所も多く、以前に比べて自分のスイングを自己チェックをして修正する事が格段に簡単になっています。
 
飛ばしたいという気持ちが強すぎてついつい力んでフルスイングをすると、打球が左右へブレてしまったり、打球が上がりすぎてしまうことがよくあります。

スイング時のミスを少なくする為にも、効果的に筋力アップをする為にも、まずはご自身のスイングの現状と課題を理解しましょう!

・自分のスイングが確認できる打ちっぱなし

・スライス(右へ曲がってしまう)

・フック(左へ曲がってしまう)

まだ、スコア100が切れませんか?

練習を続けても、伸びない飛距離、上達しないスイング…。 実に7割のゴルファーは、100を切れていないそうです。 1万人のゴルファーが参考にした、スコア100の切り方とは… →くわしくはこちら

Step:2
飛距離の目安と飛ばしたい距離を決める

自分の飛距離とスイングのクセが確認できたら、次は「自分のショットが一般的な飛距離目安と比べて飛ぶ方なのか否か」を把握し、データを基に「現時点での飛ばしたい目標の飛距離」を決めましょう。
 
ここでは一般的なゴルファーの飛距離目安一覧(男女別)のご紹介と、目標の飛距離を決める方法を解説しています。
ここでご紹介している内容に目を通して頂き、自分がどのくらいの飛距離を目指すのか決める為の参考にしてみてください。

・目安を見て飛距離の目標を決める



Step:3
ヘッドスピードを上げる練習をする

目標とする飛距離が決まったら、目標の飛距離達成に必要なヘッドスピードを手に入れる為の練習をしましょう。
 
ヘッドスピードの向上のためには、「筋力アップが全て」だと思われがちですが、ゴルフスイングにおける身体の正しい使い方を押さえて練習をすることも、筋力アップと同じくらい大切です。
 
ここでは、具体的にヘッドスピードを上げるコツをご紹介していきます。ヘッドスピードが上がれば単純にボールに勢いがつき、飛距離も上がります。

・コツを押さえてヘッドスピードを上げる練習する



Step:4
ジャストミートできる練習をする

ゴルフスイングでボールにしっかりとジャストミートさせて飛距離を伸ばすには、下記の2つが重要です。

・ビジネスゾーンのスイングをマスターして、体重移動を正しく行うこと
・正しいスイング軌道を身に付けてボールをミートさせること

ゴルフの飛距離は、「ヘッドスピード × ミートの正確性」で決まります。理想の飛距離を出す為にも、クラブヘッドがしっかりとボールにミートする正しいスイングを身に付けましょう!

・ハーフスイングでボールをミートする練習をする

・フルスイングでボールをミートさせる練習をする

Step:5
自分に最もあったクラブを選ぶ

ある程度ゴルフに慣れてきたら、実際のラウンドでも、練習でも、自分にとって最適なクラブを用意しましょう。
 
飛距離を伸ばす為のスイング練習も大切ですが、自分に合っていないクラブを使っていては、飛距離が伸びないどころか、スイングや軌道に変にクセがついてしまう可能性があります。

自分にあったクラブを使う事は、とても重要なのです。
 
ここでは、飛距離を更に伸ばす為の、自分にぴったり合ったクラブの選び方をご紹介をします。





「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中