ゴルフのミスを無くす!知っておくべきミスショット対策5つ

ゴルフのスコアを落としてしまう原因として一番に挙げられるものといえば”ミスショット”ですよね?


ミスショットは、ドライバーから出してしまうと、最初からラウンドが台無しになってしますが、ナイスショットを続けていても、セカンドショット、アプローチショットでのミスショットが、せっかくのチャンスをスコアダウンに変えてしまう重大なものです。


主なゴルフのミスには5つ

ダフリ・トップ・スライス(利き手に打球が曲がってしまうミス)・フック(利き手と逆方向に曲がってしまうミス)・シャンク・
が挙げられます。


このページでは、つい上で挙げた5つのミスに関して、ミスが起こる原因、予防するコツとその練習法について、一つ一つ詳しくご紹介していきます。


ご紹介する練習とコツを実践すると、ミスショットは劇的に少なくなるでしょう。また既にミスを予防する練習をされている方でも、ミスが起こる原因を理解したり、コツを知ることで、従来の練習が更に効果のある練習ができるようになります。


次のラウンドでは、ミスショットゼロでベストスコアを目指しましょう。

step:01適した姿勢でダフリのミスを治す

ミスショットで一番ありがちなミスが、ボールの手前の地面を打ってしまう”ダフリ”です。


一度ダフリにハマってしまうと、つい続いてしまうことが多いミスで、ボールが前に進まなくなってしまうため、ゴルフを楽しめなくなってしまうミスですよね。


実はこのダフリのミスは、姿勢によって引き起こされているケースが多く、適した姿勢を意識するだけでも大きく改善されます。


ここでは、ダフリのミスを改善する姿勢について、詳しくご紹介しています。この記事を参考にダフリのミスを改善していきましょう。

step:02体重移動を意識して、トップのミスを治す

トップとは、ダフリとは逆に、クラブのヘッドがボールに届かずボール上部をたたくことをいいます。


トップは、ボールの上部を叩いてしまうことから、打球が上がらないことから飛距離が出なくなり、地面を転がってしまうショットのため、バンカーや池にハマりやすくなってしまうミスです。


このトップもダフリと同じように、体重移動と重心の位置を意識すると大きく改善することができるミスショットです。トップが多い方はトップ対策用の体重のかけ方を身につけましょう。

step:03スライスとフックはクセがつく前に治す

スライスとフックは、打球が大きくカーブを描いて飛んで行ってしまうミスです。


スライスとは、利き手の方向に、ボールが大きくカーブを描いて飛んでいく弾道のことをいいます。右打ちの方は右方向に、左打ちの方は左方向に飛んでいくミスです。対してフックは利き手とは逆方向にボールが飛んでいってしまうミスです。


両者に共通するのが、「大きくカーブを描いて飛んで行く」という点です。


スライスやフックになると、弾道が安定せず、飛距離も大幅に落ちますし、最悪の場合OB(区域外)となってしまい、スコアに大きく響きます。ですので、これらのミスが出たら、癖にならないうちに早急に対処する必要があります。

・スライスを改善するコツと練習法

・フックを改善するコツと練習法

step:04姿勢と体重移動の改善でシャンクのミスを予防する

シャンクはボールを当てた瞬間に、打球が右に飛んでしまうミスです。


ゴルフで克服することが一番難しいとも言われるシャンクは、初心者のみならず、中、上級者でも悩みの種となりがちです。


そんな多くのゴルファーが悩みがちなシャンクですが、姿勢や体重移動を改善することで予防することができます。ここではシャンクのミスの改善法をご紹介していますので、シャンクに悩んでいる方は、まずはここでご紹介している通りに練習してみましょう。

step:05レッスンに通い、プロに教わることも一つの対策

「自分での練習では中々ミスが減らす自信がない…」という方は、ゴルフレッスンを受けるというのも一つのミスショット対策です。


つい自分の練習のみになってしまうと、間違った知識で、間違った練習をしていても気づかなかったり、余計に変なクセがついてしまうこともあります。


ゴルフレッスンは、レッスントレーナーに疑問点をすぐ質問でき、正しいゴルフの知識と練習ができるため、現状で一番ベストな練習をすることができます。





「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中