全ゴルファー必読!知ってて当然のゴルフルール・マナー大全

このページではゴルフのラウンドを初めて回る方でも、恥をかかないための基本となるマナーや、知っておきたいルールゴルフ特有の習慣まで詳しくご紹介していきます。ここでご説明するルールやマナーを押さえておくと、初心者でも恥をかくことなくゴルフを楽しむことができるようになるでしょう。


また、既にゴルフを楽しんでいる方も、ホールインワンやアルバトロスを出した時の対応や、悩みがちな雨の日のゴルフなど、ゴルフの中でもなかなか知る機会が少ない場面について、正しい情報を知ることができます。

ルールとマナーをしっかり押さえて、ぜひ楽しいラウンドを実現してください。

【PR】ゴルフで100切りを目指したい方必見!発売わずか1時間で初版1000冊を完売した異例の書籍はこちらです。

step:01ゴルフのルールを知る

まずは、ゴルフをする上で最低限守らなくてはならない基本ルールに関して理解を深めましょう。

ゴルフのルールには、ゴルフの道具や場面ごとに様々なルールがあります。コースにルールブックを持ち込むことも可能ですが、まずは覚えておきたいルールをご紹介していきます。

step:02ゴルフのマナーを押さえておく

次に、ルールと一緒にゴルフのマナーも押さえておきましょう。


ゴルフのマナーには、服装に関するマナーや、ゴルフ場やコース、練習場でのマナー接待ゴルフや試合を観戦する際のマナーなどがあります。

それぞれの場面における正しいマナーについて、こちらで詳しくご紹介しています。一つひとつしっかり押さえていきましょう。

step:03雨の日のゴルフに関して

ルールやマナーを理解したら、雨の日のゴルフに関しての理解も深めましょう。


ゴルフは屋外でプレイする競技のため、天候に左右されるスポーツの一つです。実際に雨の日のゴルフでは、持ち物や服装が変わってくることはもちろんのこと、ラウンドそのものを中止にする場合があります。


雨の日に持って行きたい持ち物・服装から、ラウンドを中止する基準雨でキャンセルする場合の費用などを以下で詳しくご説明します。

step:04ゴルフ特有の習慣を理解する

最後に、ゴルフでは非常に良いプレイが出ると祝賀会を開いたり、記念品を送ったりするなど、特有の習慣があります。ある程度ゴルフが上達しコンペなどに参加する前には、ゴルフ特有の習慣も覚えておきましょう。


例えば、一打でカップに入る”ホールインワン”とロングホールで2打で上がる”アルバトロス”という2つのプレイが出た際に、祝賀会を開く、記念品を送るといった、ゴルフの特有習慣があります。


最近では行わない場合も増えて来ましたが、人数の多いコンペや、ゴルフの伝統を重んじる人とのラウンドでは、習慣に習うケースが多いです。そんな場面に出くわす前に、ホールインワン等に関する具体的な習慣と、それに伴う保険などの知識を知っておきましょう。


ここでは、ミラクルショットに関するゴルフ特有の習慣、そして、祝賀会を開くケースで助かるゴルフ保険の使い方と手続きについてご紹介していきます。





「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中