ゴルファーの慢性病!一度は悩むスライス4つの原因

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルファーなら一度は悩んだことがあるであろう「スライス」。スライスは、特に初心者に頻発する症状ですので、ゴルファーの方なら一度は経験したことがあると思います。スライスになると、飛距離が思うように出なかったり、OBに入ってしまいますよね。

そんなゴルファーの慢性病ともいえるスライスですが、ただ単に、右に飛んでしまうのを左に直そうとしても、余計に症状を悪化させたり、別の症状を引き起こす要因になってしまいます。スライスを直すときに一番大切なことは、なぜスライスになってしまうのか、その原因を知ることが大切です。

そこで、この記事では、代表的な3つのスライスの原因をご紹介します。自分は何が原因でスライスになってしまっているのかを確認し、スライスの矯正に役立てて下さい。

目次

1. スライスとは?

2. スライス4つの原因とは?
2.1. アウトサイドインになっている
2.2. フェースが開いている
2.3. 力んでしまっている
2.4. 「3つのライン」が平行になっていない

3. まとめ

1. スライスとは

スライスとは、右打ちの方の場合、ボールが右方向に、大きくカーブを描いて曲がって飛んでいくことをいいます。左打ちの方の場合は、左方向に飛んで行くことです。逆に、利き手の反対に曲がっていってしまうことを「フック」といいます。

3つのスライス1

スライスは、初心者のほぼ全員が、ゴルフでまず初めに経験する症状で、特にドライバーで頻発します。アイアンではまっすぐ飛ばせていても、ドライバーになるとスライスになってしまうという方が非常に多いです。

2. スライス4つの原因とは?

スライスの代表的な原因には、以下の4つがあります。

  • アウトサイドインになっている
  • フェースが開いている
  • 力んでしまっている
  • 「3つのライン」が平行になっていない

それぞれについて説明していきます。

2.1. アウトサイドインになっている

まず初めに確認していただきたいのが、軌道が「アウトサイドイン」になっていないかということです。アウトサイドインとは、ターゲットに対して、外側から内側に振りぬくスイングのことをいいます。

swing

アウトサイドインで打つと、ボールがターゲットラインよりも左側に飛び、そこから右側に戻ってきます。右側に戻らない場合には、そのまま左側に飛んでいってしまいます。

アウトサイドインになってしまう大きな理由は、「肩の回転不足」です。肩の回転不足は、振り遅れにも繋がります。アウトサイドインを防ぐには、手を使おうとするのではなく、肩をしっかり回すことが重要です。肩をしっかりと回せば、振りぬくために十分な回転を得ることが出来ますので、これをしっかり意識して下さい。

詳しくは、以下の動画で紹介されていますので、ぜひご覧ください。

動画でチェックしよう

また、理想のスイング軌道は、「インサイドイン」というものです。インサイドイン軌道にするためのポイントは、

  • 腕のラインをまっすぐにする
  • ダウンスイングのとき、胸は右を向いているか
  • かかとが重心になっていないか

以上の3つです。詳しくは、「ドライバーでスライスが出る2つの原因とその対策法」という記事の第4章で説明されていますので、併せてご覧ください。

2.2. フェースが開いている

アウトサイドインと同じくらい、あるいはそれ以上に大事になってくるのは「フェースが開いていないか」ということです。フェースが開いている、というのは、フェースがボールに対してまっすぐ当たるのではなく、右側に飛んでいってしまうような、斜め向きの角度で当たってしまうことをいいます。

face

アドレスのときにはスクエアに構えられていても、インパクトのときにフェースが開いてはいませんか?確認してみてください。特にドライバーに要注意です。ドライバーは一番長いクラブになりますので、それだけフェースのコントロールは難しいです。そのため、ドライバーはもっともスライスが出やすいクラブになっています。

フェースが開かないようにするためには、以下の3つのポイントがあります。

  • ウィークグリップにしない
  • インパクトからフォローの間に、右腕が左腕を追い越す
  • アドレス時の手首の角度を出来るだけ維持する

この3つのポイントについては、先ほどご紹介した「ドライバーでスライスが出る2つの原因とその対策法」という記事の、第3章で紹介されていますので、ぜひご覧ください。

また、アドレス時の適切な手首の角度は、「ダフり・トップ軽減!アドレス時のゴルフクラブと手首の角度」という記事で説明していますので、こちらもご覧ください。

2.3. 力んでしまっている

「力み」はスライスの原因になります。これは特に初心者の方に多く、遠くに飛ばそう、正確に打たなければ、と意識するあまり、アドレスの段階から力んでしまっています。

しかし、力んでしまっているとスムーズに動くことが出来ないので、スライスの原因になってしまいます。特に力みがちな肩を脱力させて、怒り肩にならないようにしてください。そして、先ほど紹介したように、肩の力を抜いたまましっかりと回転させて下さい。

怒り肩1

2.4. 「3つのライン」が平行になっていない

アドレスの際に注意していただきたいのは、

  • 肩のライン
  • 太もものライン
  • スタンスライン

この3つのラインが、それぞれ平行になっているかということです。それぞれ、両肩・太もも・足同士を結んだラインのことをいいます。

ライン1

3つのラインは、ボールの弾道・方向性に大きな影響を与えます。このラインがバラバラになっていると、自分が狙った方向に飛びにくいです。よく、スタンスラインだけをチェックする方がいますが、これでは足だけしか正しい方向を向きません。身体全体を正しい方向に向けることが大切なので、肩・太もも・スタンスのラインに注意して下さい。

3. まとめ

初心者ゴルファーの前に、最初に立ちはだかる高い壁が、「スライス」だと思います。初心者だけでなく、経験の長いゴルファーの方でも、スライスに悩むことは多いのではないでしょうか。

スライスを直すためのドリルに取り組むことも大切ですが、それよりも、なぜスライスになってしまうのか、その原因を探して改善していったほうが、案外早くスライス癖が直るかもしれません。スライスを直して、狙った所にしっかり飛ばし、飛距離も伸ばしていきましょう。


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中