キャビティバックとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャビティバックとは

キャビティバックとは、アイアンの種類の一つです。クラブヘッドの後ろ側(バックフェース)に凹みをつけ、重心をヘッドの前後に分散しているのが、キャビティバックです。単に「キャビティ」とも呼ばれています。

キャビティバックは重量が前後に分散していることで、ボールを打つのに適している部分である「スイートスポット(芯)」が広くなっています。アイアンの一種であるマッスルバックのスイートスポットは50円玉ぐらいの大きさであるのに対し、キャビティバックは500円玉ぐらいの大きさであるとされています。

cavity-back1.1

テーラーメイド AEROBURNER |Amazon

スイートスポットが広いので、多少ショットを失敗しても、ミスを軽減してくれるというのが最大の特徴です。また、重心が低いため、高いボールを打ちやすいというのも特徴です。初心者に優しいアイアンと言えます。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中