クラブヘッドとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クラブヘッドとは

ゴルフクラブは、グリップ・シャフト・ヘッドの3つのパーツから構成されています。そのうち「クラブヘッド」は、シャフトの先についているボールを打つ部分のことを言います。

クラブヘッドはさらに、

  • フェース・・・打球面
  • バックフェース・・・打球面と反対の面(アイアンのみ)
  • クラウン・・・上面
  • ソール・・・下面
  • トップライン・・・フェースの最上部
  • リーディングエッジ・・・フェースの最下部
  • トゥ・・・先端
  • ヒール・・・先端とは逆のシャフト側の端
  • ネック(ホーゼル)・・・シャフトとヘッドのつなぎ目
  • 以上の7つの部位に分けられます。

    club-head1.1

    テーラーメイド SLDR S ドライバー |Amazon

    現在のクラブヘッドは、軟鉄やステンレス、チタンなどの金属で造られていることが一般的です。かつて、ウッドだけは木製で造られていましたが、現在は金属です。ヘッドの大きさは、体積を表す「cc」で表示します。

    ゴルフでは、ボールは必ずクラブヘッドで打つ必要があります。もし、意図的にヘッド以外の部分でボールを打った場合には、2打罰となります。


     


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中