クラブレングスとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クラブレングスとは

クラブレングスとは、クラブ1本分の長さ、という意味です。たとえば、「1クラブレングス」といった場合にはクラブ1本分の長さ、「2クラブレングス」といった場合にはクラブ2本分の長さを表します。

ゴルフでは、ルールにしたがってボールを移動させることがあります。その際、ボールを地面に戻す方法のひとつとして「ドロップ」という、ボールを肩の高さから地面に落とす方法が使われることが多いです。

ドロップをする際には、ドロップをするポイントを指定します。そのポイントから「◯◯の範囲内までにボールが戻されていればいいよ」という範囲の指定をするときに、「クラブレングス」という単位が使われます。ドロップをするとき以外にも、たとえば第1打を打つ場所は「ティーマークから2クラブレングス後方以内である」というように、クラブレングスという単位が使われています。

club-length1.1

「クラブレングス」を測るときには、自分のクラブであればどのクラブでもよいとされているので、自分が持っているクラブの中で最も長いドライバーを使うのが一般的です。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中