カップとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カップとは

カップとは、グリーン上にある、ボールを入れるための穴です。ゴルフ規則上では、ホールといいます。ゴルフでは、如何に少ない打数でこのカップにボールを入れることが出来るかを競います。

カップの大きさは、1891年にR&Aによって共通に定められ、直径4.25インチ丁度、深さは4インチ以上と定められています。中にはプラスティック、もしくはメタルが埋めこまれており、中心にはピン(旗)が立っています。

cup1.1

カップの位置は、ゴルフ場によっても異なりますが、グリーンキーパーによって毎日変えられます。カップの位置を変えることを、「カップを切る」と言います。

ゴルフの目標は、このカップにボールを入れることです。カップにボールが入ることを「カップイン」、もしくは「ホールイン」と呼びます。ボール全体がカップのフチよりも下にあるとき、そのボールは「カップイン」したと認められます。もしボールの一部でもカップのフチより高ければ、カップインとは認められません。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中