中断とは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中断とは

中断とは、プレーの続行を一時やめることをいいます。ゴルフでは、ラウンド中にみだりにプレーを中断することが禁止されています。

基本的に、中断出来るのは競技委員からの指示があった場合に限られています。ただし、プレイヤー自身が雷の危険を感じた場合や、急病などの場合は、自分の意志で中断することが出来ます。委員会の許可を得ずに中断した場合には、すみやかに委員会にそのことを報告しなければなりません。

正当な理由なく中断をしたり、中断したことを委員会に報告しなかった場合には、競技失格となります。

中断に関してのルールは、ゴルフ規則で以下のように定められています。

6-8 a 中断が認められる場合

プレーヤーは、プレーを中断してはならない。ただし、次の場合を除く。

  1. 委員会がプレーの中断を指示した場合。
  2. プレーヤーが落雷の危険を感じた場合。
  3. プレーヤーが疑問点や争点について委員会の裁定を求めている場合(規則2-5規則34-3参照)。
  4. その他例えば急病などの正当な理由のある場合。

悪天候それ自体はプレーを中断するための正当な理由とはならない。
委員会の許可無くプレーを中断した場合、プレーヤーは速やかに委員会にそのことを報告しなければならない。委員会がプレーヤーよりの報告を受けてその理由を正当と認めた場合、プレーヤーに罰はない。それ以外の場合にはプレーヤーは競技失格となる。

ゴルフ規則 第3章 プレーについての規則 規則6 プレーヤー

したがって、たとえ大雨であったとしても、委員会からの指示がなければ、プレーを中止することは出来ませんので注意しましょう。自分の判断で中止できるのは、雷の危険がある時のみです。


 

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中