ドロップとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドロップとは

ゴルフでは、ウォーターハザード修理地にボールが入ってしまった際、規則に従って救済を受けることが出来ます。

まだ、スコア100が切れませんか?

練習を続けても、伸びない飛距離、上達しないスイング…。 実に7割のゴルファーは、100を切れていないそうです。 1万人のゴルファーが参考にした、スコア100の切り方とは… →くわしくはこちら

救済を受ける際にはボールを拾って移動させますが、ボールを地面に戻す際には「ドロップ」をしなければならない場合があります。ドロップとは、直立して腕を真っすぐ伸ばし、肩の高さからボールを落とすことです。

drop1

ゴルフプレーの救済方法「ドロップ」は正しく! |マイベストプロ大阪・和歌山



もし、正しい方法でドロップせず、さらにその誤りを修正せずにボールをストロークしてしまった場合には1打罰となります。



ドロップに関してのルールは[ゴルフ規則20-2]によって詳細に定められています。たとえば、ドロップしたボールが落下地点から2クラブレングス以上転がってしまった場合などは、再ドロップが必要です。

どんな状況で再ドロップが必要なのか、また、再ドロップの仕方などに関しては「再ドロップ」のページをご覧ください。

なお、間違える方もいますが、「ドロップ」と「プレース」は別物です。ドロップは肩の高さから落とすこと、プレースはボールを置くことなので注意しましょう。


 
pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中