アーリーコックとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アーリーコックとは

コックとは、バックスイングで左手の手首を親指側に折ることをいいますが、通常のコックの場合は、クラブが右腰の高さにきたあたりで、その動作が行われます。

アーリーコックとは、テークバック(クラブを後ろに持ち上げる動作)と同時に、コックを開始することを言います。この場合は、右腰にクラブがきた時点で、すでにコックが完了しています。

通常のコックの場合は、コックを開始するのが、毎回異なる位置になってしまうことが多いです。ですが、アーリーコックの場合、スイングの始動とともにコックを始めますので、再現性が高まります。

cock1

また、初めの段階でコックをしてしまうので、その後は身体の捻転だけでトップの形を取ることが出来ます。そのため、アーリーコックは非常にシンプルなバックスイングのスタイルとも言えます。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中