超過クラブとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

超過クラブとは

ゴルフでは、正規のラウンドで使用できるクラブは14本までと定められています。これを超えて、つまり15本以上のクラブをバッグに入れてプレーすることを「超過クラブ」といいます。

もし超過クラブであった場合、ストロークプレーの際には、違反があった各ホールに対して2打罰、マッチプレーの際には違反があった各ホールについて1ホールずつ差し引いて調整をします。ただし、ストロークプレーの場合には1ラウンドにつき最高4打まで、マッチプレーの場合は1ラウンドにつき最高2ホールまでしか差し引けないとされています。

超過クラブが発覚した場合には、ラウンド中は以後そのクラブを使用しないと宣言しなければなりません。これを「不使用宣言」といいます。不使用宣言をしなかったり、不使用宣言したクラブをラウンド中に使った場合には競技失格となります。

ゴルフ規則では、以下のように定められています。

4-4 a クラブの選定と補充

プレーヤーは、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドをスタートしてはならない。プレーヤーの使用クラブは、そのラウンドのためにスタート時点で選んだクラブに限られる。(以下略)

規則4-4a、規則4-4bの違反の罰は(持ち込んでいたクラブの超過本数にかかわらず)
マッチプレー:違反が発見されたホールを終えた時点でのマッチの状態を、違反があった各ホールについて1ホールずつ差し引いて調整する。ただし、差し引くのは1ラウンドにつき最高2ホールまで。
ストロークプレー:違反があった各ホールに対し2打。ただし、1ラウンドにつき最高4打まで(違反のあった最初の2ホールに各2打の罰)。
マッチプレーとストロークプレーに共通:ホールとホールの間で違反が発見されたときは、終えたばかりのホールのプレー中に違反が発見されたものとみなされ、規則4-4aまたはbの違反の罰は次のホールに適用しない。

4-4 c 超過クラブの不使用宣言

プレーヤーは、規則4-3a(iii)や規則4-4に違反して持ち運んだり使ったクラブにつき違反を発見次第、マッチプレーでは相手に、ストロークプレーではマーカーか同伴競技者に、以後はそのクラブを使用しないと宣言しなければならない。プレーヤーは、その正規のラウンドの残りでは不使用宣言をしたクラブを使ってはならない。

規則4-4cの違反の罰は、競技失格

ゴルフ規則 第3章 プレーについての規則 規則4 クラブ


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中