ゴルフ初心者が知っておくべきアドレスの意味と作り方とは

1W5U0757
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフ用語でよく耳にする、アドレス。ちゃんと意味を理解し、正しいアドレスでスイングできていますか?
「スイングの問題の80%以上がアドレスにある」というコーチが多くいるほどスイングの土台となっているのがアドレスです。特に、前傾姿勢の作り方や、重心の位置が外せないポイント。

間違った悪い姿勢のアドレスを覚えスイングが固まってしまうと、後で直すのが大変になります。初心者である今のうちからポイントをしっかり覚えれば、正しいスイングが身に付き真っ直ぐボールを飛ばせるようになります。

目次

1. アドレスとは
1.1. アドレス=構え
1.2. 何故アドレスが大切なのか

2. アドレスを作るうえで重要な3ポイント
2.1. 前傾角度をキープする
2.2. グリップの位置は左太ももの内側
2.3. 拇指球に重心位置をおく

3. まとめ

1. アドレスとは

1.1. アドレス=構え

アドレスとは、ゴルフボールを打つために構えることです。ポスチャー(姿勢)、スタンス(足の位置)を決め、クラブをソール(接地)させることでアドレスが完成します。

野球やバレーボールと違い、ゴルフは止まっているボールを打つという特殊なスポーツ。
そんな特色を最大限に生かすには、アドレスがとても大切になってきます。アドレスの重要ポイントをひとつひとつ確認し、理想のアドレスを手に入れましょう。

1.2. 何故アドレスが大切なのか

それでは何故、アドレスが重要なのでしょうか。それは良いアドレスができると、おのずと良いスイングができるようになりボールも真っ直ぐ飛び、スコアアップに繋がるからです。

また体に身に付いてしまったアドレスを直すのは時間もかかり難しいので、初心者の何も知らないうちに正しいアドレスを身に付けることがゴルフ上達の最短ルートです。

2. アドレスを作るうえで重要な3ポイント

2.1. 前傾角度をキープする

理想のアドレスを作るためには【理想の前傾角度を作ること】が一番重要です。

前傾角度とは、股関節から上体を曲げたときにできる角度のこと。背中を丸めるのではなく、背筋をピンと伸ばしたまま上半身を前に倒しましょう。

このとき、前傾角度が背中のラインとシャフトが90度になることが目安です。

この角度を保つことができないと、スイングの軌道(スイングプレーン)が歪み、ボールの飛び出し方向や球筋に大きく影響を及ぼしてしまいます。
アドレスで前傾姿勢をとった時点で、すでに基準となるスイングプレーンが決まってしまうのです。

  • 理想の90度・・真っ直ぐ飛ぶ
  • 前傾しすぎ・・・フックしやすい
  • 棒立ち・・・スライスしやすい

※フック:ボールが右に曲がって飛ぶこと
※スライス:ボールが左に曲がって飛ぶこと

前傾しすぎると肩がスムーズに回らないため、打つ瞬間で伸びあがってしまい、結果的に前傾が崩れてしまいます。 構えた時、前傾が深いかそうでないかは、手元の高さで確認できます。

ハンドダウン(手元の位置が低い)になっていると前傾しすぎ、ハンドアップ(手元の位置が高い)になっていたら棒立ちになっている証拠。

  • ハンドダウン・・・ダフリやすくなる
  • ハンドアップ・・・トップボールが出やすくなる

※ダフリ:ボールの手前で地面を打ってしまうこと
※トップ:ボールの半分より上を打ってしまうこと

前傾角度が崩れてしまうと手元の位置もズレてしまい、思うようにボールが飛ばなくなってきます。まずは前傾角度をしっかりとマスターすることが大切です。

2.2. グリップの位置は左太ももの内側

img01
グリップの正しい位置は左太ももの内側です。
グリップの位置は主に3つあります。あなたのグリップの位置はどこにあるでしょうか?あまり意識したことがない人もボールの方向を見れば自分のグリップ位置がわかります。

  • ノーマル(適切な位置)・・・適正な飛距離で真っ直ぐ飛びやすい
  • ハンドファースト(手元が目標方向に向く)・・・飛距離が出るがフックしやすい
  • ハンドレート(手元が目標方向と反対側)・・・飛距離は出にくくスライスしやすい

DSC_0730 - コピー

ハンドファーストだと、ロフトが立った状態になり、ボールが低い弾道になりやすくなるためフックしやすくなります。逆にハンドレートだと、ロフトが寝た状態になり、高い弾道になりやすくスライスしやすくなるのです。

グリップの位置は必ず【左太ももの内側】と覚えておきましょう!

2.3. 拇指球に重心位置をおく

左右の重心位置は、左右均等に重心がかかっているのが正しい重心位置です。重心を左右均等にするためには、足の中央に骨盤を持ってくることがポイントです。

  • センターの重心位置・・・正しい。左右均等に重心がかかっている状態
  • 左寄りの重心位置・・・フックしやすくなる
  • 右寄りの重心位置・・・スライスしやすくなる

最終チェックは前後の重心位置。
正しい前後の重心位置は拇指球(=足の裏の親指の付け根の膨らんだ部分)にしっかり全体重がかかっていることです。
ashiura

  • 拇指球に重心がくる・・・正しいインパクトができる
  • 爪先に重心・・・前寄りの重心位置。状態が沈み込んでダフリが出やすい
  • かかとに重心・・・後ろ寄りの重心位置。上体が起き上がってトップしやすい

拇指球に体重を置くと言われても、イメージしにくいと思います。
しかし、たった1円で拇指球の位置を確認し、正しい重心位置を身に付ける方法があります。それが「1円玉練習法」です。
これは中嶋常幸プロが拇指球の重心を意識する練習法として紹介していたものです。

用意するものは1円玉。 まず裸足になり、1円玉を拇指球の位置で踏みます。その位置を意識して素振りの練習を行うことで重心が拇指球に乗り、正しい重心位置を修得することができます。

ぜひ、試してみて下さい。

3.まとめ

アドレスの意味と作り方は理解できたでしょうか?アドレスだけでもこんなに多くのポイントがあります。しかし、アドレスの基本さえしっかり押さえれば、正しいスイングができるようになるので、ボールを真っ直ぐ飛ばすことができるのです。

初心者のうちから基本を身に付ければ、悪い癖がついてしまったベテランゴルファーよりもいいスコアを出せるようになるかもしれません!
背筋をまっすぐ伸ばし、前傾角度は90度、重心は拇指球、この3点を意識して鏡の前で自分のアドレスをチェックしましょう。


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中