ゴルフのアドレスがすぐに身につく!正しいアドレスを作る5ステップ

main (1) (1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフをプレーしている方や、プレーするという方の中で、アドレスという言葉を聞いたことがないという方は少ないのではないでしょうか。

アドレスというのは、ゴルフでは重要なポイントになってきますので、必ずと言っていいほど、初めに覚えることになるでしょう。

しかし、もしかすると、アドレスという言葉は知っていても、具体的にどのようなことを指しているのか分からないという方や、正しいアドレスか分からないという不安を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、不安を抱えている方や、これからアドレスを覚えるという方などに向けて、今回は基本のアドレスについて、多くの画像を参考にしつつ、詳しくご紹介していきたいと思います!

目次

1. アドレスの基本を確認しよう
1.1. アドレスとは?
1.2. アドレスが大事なわけ
1.3. アドレスの流れ

2. アドレスをマスターするための大事なポイント

2.1. STEP1~ボールの位置~
2.2. STEP2~スタンス~前傾角度
2.3. STEP3~重心の位置(左右・前後)~
2.4. STEP4~グリップ~
2.5. STEP5~姿勢~

3. 道具を使ってアドレスを身につけろ!

3.1. 矯正器具
3.2. アシスト器具

4. まとめ

1. アドレスの基本を確認しよう

みなさんは、アドレスの基本をご存知でしょうか?

アドレスに始まりアドレスで終わるという言葉もあるほど、アドレスとは、ゴルフと密接な関係にあるものになります。

もし、基本のアドレスが分からない、アドレスが曖昧のままゴルフをプレーしているという方は、ぜひ基本のアドレスを確認してください。

当然ながら、基本のアドレスを利用することでメリットはあっても、デメリットはありません。

そもそもアドレスがイマイチ分からないという方や、アドレスが大事な理由が分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ここからは、そもそもアドレスとは何か、アドレスが大事な理由など、基本のアドレスの全体像について、ご紹介していきます。

1.1. アドレスとは?

そもそもアドレスとは、「姿勢(ポスチャー)」、「足の位置(スタンス)」を決めて、「クラブを地面につける(ソールする)」、この一連の動作が完了して、アドレスが完成すると言われています。

アドレスとは、いわゆる構えのことになります。野球で置き換えれば、バッターボックスに入った打者がアドレス(構え)をしていると言えるでしょう。

また、プロゴルファーのアドレスに限らず、昨今ではゲームなどのグラフィックも向上しているため、姿勢や足の位置を見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。

そのため、アドレスとは構えのこと、と覚えておくと、アドレス像をしっかりとイメージすることができると思います。

関連記事

アドレスとは

1.2. アドレスが大事なわけ

アドレスが大事だと言われる理由とは、一体どのような点にあるのでしょうか。

その理由は、主に以下の点になります。

  • 方向性に影響がある
  • 弾道に影響がある
  • スコアに大きく関わる

このように、主に3つのポイントが理由になってきます。

結果的には、アドレスはスコアに直結すると言えますので、それだけでもアドレスが大事だと想像に易いとでしょう。

アドレスが正しく行えていないとスコアが悪くなります。これは、方向性や弾道が安定しないためです。反対に、アドレスが正しく行えている場合は、自然とスイングも良くなるため、いずれも安定し、スコアアップに繋がっていくのです。

また、スコアで伸び悩んでいる方の約80%が、アドレスに問題があると言われています。そのため、スコアが伸び悩んでいる方や、基本のアドレスをしっかり認識できていないという方は、注意が必要です。

1.3. アドレスの流れ

アドレスには、流れというものがあります。具体的には、どのような流れになっているのでしょうか。下記にポイントを挙げていきますので、参考にしてください。

  • 1.背筋を伸ばしてまっすぐ立つ(姿勢)
  • 2.股関節から上を前傾させる
  • 3.膝を軽く曲げてすねは地面に垂直にする
  • 4.重心は拇指球にかける

以上が、アドレスの流れになります。

拇指球という言葉を聞き慣れていない方もいらっしゃると思いますので、拇指球がどの部分になるのか、参考までに画像でご紹介したいと思います。

拇指球

上記が拇指球の位置になります。その他のポイントについては、後述していきますので、そちらを参考にしてみてください。

ここでは、スムーズにアドレスを行えるように、アドレスの流れを把握してみてください。アドレスをマスターするための重要なポイントは、次の章でご紹介していきます!

2. アドレスをマスターするための大事なポイント

アドレスをマスターするための大事なポイントとして、アドレスの流れでご紹介したポイントはもちろんのこと、ボールの位置やグリップなど、多くのポイントがあります。

最初の内は、アドレスにぎこちなさや違和感を覚えることもあると思いますが、まずは一通り覚え、実際に試してみましょう。

基本のアドレスを理解し、そこから自分に向いているアドレスに組み換えて行くことが理想になってきます。当然、基本のアドレスが自分に向いていると思った方は、このアドレスを貫いてください。

分かりにくい点などは、画像を用いてご紹介していきますので、そちらを参考にしつつ、練習を重ねてみてください。そうすることで、基本のアドレスをマスターすることができるはずです。

2.1. STEP1~ボールの位置~

ボールの位置は、適当に置いているという方も多いようですが、実は、アドレスをマスターするためには重要なポイントになってきます。

正しいボールの位置は、扱う番手によって変わってくるため、少々難しいところではありますが、とても大切なポイントです。画像でボールの位置をご紹介していきますので、正しいボールの位置を認識していきましょう!

ショートアイアンの場合は、以下の画像のようなボールの位置が良いでしょう。

ショートアイアン ボール位置

続いて、ミドルアイアンの場合です。

ミドルアイアン ボール位置

そして、ロングアイアンのボールの位置がこちらになります。

ロングアイアン ボール位置

画像にもある通り、ショートからロングになるにつれて、ボールの位置は左へズレていきます。あくまで目安になりますので、ボール半個分のズレなどは問題ありませんので、気にしないようにしましょう。

また、ショートアイアンとは、9番アイアン、SW、AW、PWのことを指しています。ミドルアイアンは8、7、6番アイアンを指し、ロングアイアンでは5、4、3番アイアンのことです。

ショートアイアンのボールの位置を基準として、それぞれのボールの位置を覚えていきましょう。

最後に、ドライバーを使う場合のボールの位置についてです。おそらく、このボールの位置が最も気になるという方が多いのではないでしょうか。

早速、画像をご覧ください。

ドライバー ボール位置

ドライバーを使う場合のボールの位置が難しいと思われがちですが、画像のようなポイントを押さえることで、難易度はガクッと下がるでしょう。

ショートアイアンで使うボールの位置の基準は両足の真ん中でしたが、ドライバーでは左脇の位置から地面まで直線を引っ張っていき、その場所にボールを置くことで、正しいボールの位置にセットすることができます。

また、左足のつま先を基準にボールを置くとも言われることがありますが、足の位置は毎回ズレてしまう可能性が高いため、左脇を基準にすることをオススメします。

覚えておくべきは、クラブが長くなればなるほど、ボールの位置は左になる、という点です。そして、最も左にボールを置かなければならないのは、ドライバーになります。

2.2. STEP2~スタンス~前傾角度

理想のアドレスを作るためには【理想の前傾角度を作ること】と【正しいスタンス】が必要不可欠になってきます。

前傾角度とは、股関節から上体を曲げたときにできる角度のことを指し、背中を丸めるのではなく、背筋をピンと伸ばしたまま上半身を前に倒した状態のことです。

このとき、前傾角度が背中のラインとシャフトが90度になることを目安にします。下記画像を参考に、イメージと練習を行ってみてください。

前傾比較1

画像のように、正しい角度を保つことができないと、スイングの軌道(スイングプレーン)が歪み、ボールの飛び出し方向や球筋に大きな影響を及ぼすことになりかねません。

つまり、アドレスで前傾姿勢をとった時点で、すでにスイングプレーンが決まってしまうということです。ちなみに、前傾の形によって、下記のようなボールが打ち出されます。

  • 理想の90度・・・真っ直ぐ飛ぶ
  • 前傾しすぎ・・・フックしやすい
  • 棒立ち・・・スライスしやすい

ご存知の方も多いと思いますが、フックとはボールが右に曲がって飛ぶクセ球で、スライスはボールが左に曲がって飛んでいく球のことを指しています。

意識的にフックやスライスを使い分けるのであれば問題ありませんが、そうでない場合、変な癖がついてしまう前に、改善した方が良いでしょう。

続いて、基本のスタンスについてご紹介していきます。

まず、スタンスを決めるには、3つのポイントがあります。それが、

  • スタンスラインの向き
  • スタンスの幅
  • 重心の位置

という3点です。

ここでは、スタンスラインの向きとスタンス幅について言及します。重心の位置については、「2.3 STEP3~重心~の位置(左右・前後)~」にて後述していきます。

スタンスラインの向き

スタンスで最も大切だと言われるのは「スタンスラインの向き」です。スタンスラインとは「両足を結んだライン」のことを指しています。

スタンスラインには3種類あり、それぞれ、

  • スクエアスタンス
  • オープンスタンス
  • クローズスタンス

という名称になりますので、覚えておくと良いでしょう。ここでは、最も基本的なスタンスである、スクエアスタンスを取り上げていきます。

スクエアスタンスとは、ボールとターゲットを結んだラインである「ターゲットライン」とスタンスラインが平行になるスタンスです。具体的には、下記画像のようになります。

スクエアスタンス

スクエアスタンスは最も基本的なスタンスになりますので、他の2つのスタンスを試す前に、まずはこのスタンスで正しく構えられるようにしましょう。スクエアスタンスをマスターしてから次のステップへ進むようにします。

もしかすると、「まっすぐ構えるだけなら簡単そう」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。これは、練習場では基準となるマットがあるので簡単と言えるかもしれませんが、コースでは一切の基準がありませんので、まっすぐ構えられないことも多いです。

スタンスの幅

スタンスの幅は「自分の一番立ちやすい幅」がベストです。そのため、「この幅がいい!」ということはもちろん、「この幅でなければならない!」というものはありません。

ただし、目安として挙げられるものがありますので、そちらを参考までにご紹介します。

  • ドライバー・・・あなた自身の1歩分の歩幅
  • 7番アイアン・・・肩幅

このように、ドライバーとアイアンでは、目安となるスタンスの幅が変わってきます。第一に、自分の一番立ちやすい幅を意識するようにし、第二に、上記のような、それぞれのクラブの目安となるスタンスの幅を意識するようにしましょう。

具体的には、下記画像が参考になるはずです。

スタンスの幅 広さ

画像のような幅が目安です。

クラブの長さが長いほどスタンス幅を広く、短いほど狭くしていくことが一般的になりますので、把握しておきましょう。

2.3. STEP3~重心の位置(左右・前後)~

重心の位置は「前後」だけでなく、「左右」のバランスも重要です。

重心の位置というのは、右足か左足、どちらに体重を多くかけるか、また、前方にかけるのか後方にかけるのか、という事です。

重心の位置がズレてしまっていると、ダフリやトップが起きる原因になりますので、重心の位置については注意が必要です。

前後のバランス

前後のバランスですが、前に傾けすぎてしまうと体がぐっと前にいきますので、地面をダフりやすくなってしまいます。また、踵の方に重心がかかり過ぎると体が起き上がってしまいますから、トップボールが出て、ゴロを打ちやすくなってしまいます。

重心は付け根

重心を置く意識は、足の付け根あたりに持っていくと良いでしょう。ここで登場するポイントが、「1.3アドレスの流れ」でも先述している「拇指球」です。つまり、この画像でイメージすべきは、拇指球に重心を置いているという点です。

また、この際に踵が浮いてしまっていたり、指にギューッと力が入り過ぎていたりするようであれば、それは重心が前にかかり過ぎていますので、気持ち重心を後ろにかけるようにしてみてください。

さて、左右の重心についてですが、これは基準となるものがありません。下記画像のように、なるべく左右均一の重心を意識していくようにしましょう。

左右重心

左右の重心を均一に置くことが難しいと感じてしまう方は、重心をコントロールするトレーニングを行うことで、少しずつ改善していくでしょう。

前後・左右の重心は、一朝一夕でできるようになるということはありませんので、ぜひ練習を重ね、重心についてもマスターしてください!

2.4. STEP4~グリップ~

左手のグリップは大きく分けて、スクウェアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップという3種類がありますが、この中でもポピュラーで初心者にも扱いやすい、スクウェアグリップがオススメのグリップです。

スクウェアグリップは初心者が一番きれいなフォームで打ちやすいグリップになります。まずは基本のスクウェアグリップを覚えて、それから自分に合った形に変化させていくようにしましょう。

それでは、早速、左手のグリップの基本である、スクウェアグリップをご紹介していきたいと思います。

グリップ 真ん中

上記画像のように、真ん中を示しているロゴやマークを基準にして、左手の親指を置いてみましょう。どのように置けばいいのか悩むという方は、次の画像を参考にしてください。

マーク右 グリップ

このように、親指の位置は「真ん中ですよ」という基準に対して真上に置くのではなく、ほんの僅か右側に来るようにしましょう。グリップのマークの右端が親指の真ん中にくるように持つのが目安になるはずです。

この時、親指はクラブに対してまっすぐになるようにしましょう。

グリップ 関節

続いて、上記画像をご覧ください。

左手を握っていく時に、小指の付け根から人差し指の第二関節にかけて、少し斜めに向かってクラブを握ってください。そうすると、自然と親指の付け根が右肩を指していると思います。これが正しい形です。

それでは、正しい形でスクウェアグリップができているか確認してみましょう!

グリップ 鏡チェック

画像のように、正面から自分の形が正しく出来ているかチェックする時に、鏡に映してみましょう。

鏡に映した時に、左手の人差し指〜中指のこぶしが見えるようであれば、「スクウェアグリップ」と呼べるグリップです。これが見えないようだと、修正が必要になってくるでしょう。もう一度、ゆっくり試してみてください。

ここで、グリップエンドの位置についても記述しておきたいと思います。

グリップエンド 位置

グリップエンドとは、その名の通り、クラブの握りの末端を指している用語になります。

上記画像で示しているように、短く持った場合と長く持った場合では、メリットとデメリットが逆転するようになっています。

コントロールを重視する方は短く持つようにし、飛距離を伸ばしたい方は長く持つように意識すると良いでしょう。細かい部分になりますが、ぜひ試してみてください。

最後に、右手のグリップについてご紹介します。

右手のグリップについて

右手の握り方には、オーバーラッピングとインターロッキングという2つの握り方があります。さらに、あまり見かけることは少ないですが、テンフィンガーグリップという握り方もあります。これは、ベースボールグリップという俗称が有名です。

今回、右手の握り方でご紹介したいのは、最もポピュラーと言われている、オーバーラッピンググリップです。どのようなグリップなのか、画像をご覧ください。

オーバーラッピング

上記がオーバーラッピンググリップになります。

オーバーラッピンググリップは、筋力や力に自信のある方に向いているグリップですが、一般男性であれば、使いこなすことができるでしょう。

それでは、どのようにしてオーバーラッピンググリップが完成するのでしょうか。

オーバーラッピンググリップ 方法

オーバーラッピンググリップは、右手の小指を左手人差し指と中指の間に乗せる形になります。

このとき重要なポイントは、右手の生命線です。左手の親指を右手の生命線で包み込むようなイメージで持ちます。正面から見たときに、左手の親指がはみ出してしまったり、被せすぎないように注意してください。

綺麗なスイングを目指しているという方は、ぜひここでご紹介しているグリップをマスターし、実際に試してみてください!

2.5. STEP5~姿勢~

スイングは地面にあるボールを打つため、必ずかがんで打つ姿勢になります。実は、そのかがみ方というのがとても重要です。このことを、前傾角度といいます。

前傾角度については、先述の「2.2 STEP2~スタンス~前傾角度」でもご紹介しましたが、どうしてもボールに上手くヒットしない人は、この前傾角度を3つのポイントから見直す必要があるでしょう。

ここでは、そのポイントについてご紹介していきます。

  • 「股関節から背筋を伸ばして前にかがむ」
  • 「膝はすねから下が地面に垂直に」
  • 「腕は地面に垂直に」

これらが3つの見直すべきポイントとなります。

「股関節から背筋を伸ばして前にかがむ」

初めに、下記画像をご覧ください。

姿勢 気を付け

画像のように、まずは「気をつけ」の姿勢をとります。

次に、正面に誰かいると想定して、その人にお辞儀をするようにかがんでいきましょう。この時に背中を丸めてお辞儀をするのではなく、まっすぐ背筋を伸ばした姿勢のままお辞儀をしてください。股関節のところから背筋を伸ばし、前にかがみます。

お尻を突き出すようなイメージを持つと、正しい姿勢を作りやすいかもしれません。

「膝はすねから下が地面に垂直に」

次に、膝を少し曲げます。

膝の曲げすぎNG

膝を曲げ過ぎてしまうと、お尻がぐーっと下がって体がNG図のように起き上がってしまいますので、注意が必要です。ほんの少しだけ曲げるようにしましょう。

目安として、鏡を見た時に、すねのラインが地面に垂直になるようにすると良いでしょう。すねのラインを意識することで、膝を曲げても画像のように、正しい姿勢を保つことができます。

「腕は地面に垂直に」

前傾をしすぎてしまうと肩がスムーズに回らなくなり、打つ瞬間に伸びあがってしまい、結果的に前傾の崩れに繋がってしまいます。構えた時、前傾が深いかそうでないかは、手元の高さや腕が地面に垂直に伸びているかどうかで確認しましょう。

腕は地面に垂直

上記画像を用いると、手元の位置がそれぞれ違うことが分かりますね。一番左の画像では、腕が地面に垂直に伸びているため、正しい前傾になっていると言えます。

真ん中の画像は、いわゆるハンドダウンと言われる状態になってしまっているため、正しい前傾とは言えません。ハンドダウンとは、「ダフりやすくなる」デメリットが大きいため、改善が必要です。

最後に、一番右の画像では、一見正しい前傾に見受けられますが、腕が地面に垂直に伸びていませんね。これは、ハンドアップと言われる状態で、トップボールが出やすくなってしまいます。トップボールは、ボールの半分より上を打ってしまうことです。

前傾角度が崩れることで手元の位置もズレてしまい、思うようにボールが飛ばなくなる原因になってしまいます。まずは、前傾角度をしっかりマスターすることが大切です。

3. 道具を使ってアドレスを身につけろ!

昨今では、ゴルフ用具・道具共に、ハイテク化が進められていますね。

そのような時代になったこともあり、矯正や練習が難しいとされているアドレスであっても、ハイテクな道具を利用することで、比較的簡単にアドレスを矯正、練習することが可能になりました。

アドレスの練習といえば、ひたすらに鏡と向き合って・・・という方もいらっしゃったと思いますが、現在では様々な方法で練習を手助けしてくれる道具や、矯正してくれる道具まで用意されています。

上手くアドレスを修正できない、練習できない、という方は、ぜひ最新の道具を用いて練習をしてみてはいかがでしょうか。

ここからは、アドレスの矯正や練習の手助けをしてくれる道具をご紹介していきたいと思います。

3.1. 矯正器具

矯正器具としてご紹介したいのは、「アドレス君」というものになります。アドレス君はとてもシンプルな使い方でありながら、コースでも手軽に使うことができるという点がメリットです。

それでは、一体どのようなものなのでしょうか。こちらは動画がありますので、興味をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

動画でチェックしよう

いかがでしたか?

アドレス君を上手く利用することで、正しい方向性を求めつつ、正しいアドレスを行うことができるのではないでしょうか。使い勝手も簡単ですので、ぜひ試してみてください。

3.2. アシスト器具

アドレスを矯正、練習する際のアシスト器具として人気が高いのが、「ザ・エイミング」という商品になります。コンパクトかつシンプルな使い勝手が人気の秘密でしょう。

エイミング 本体

出典 |Amazon

上記が「ザ・エイミング」の本体画像になります。こちらの器具のメリットはどのようなところにあるのか、気になる方もいらっしゃると思いますので、下記画像をご覧ください。

エイミング 装着
エイミング クリック

出典 |Next Motion

画像左はザ・エイミングを装着したものになります。装着後、右の画像でザ・エイミングを起動し、準備を整えています。ここまでくると、次はいよいよアドレスに入っていきます。

エイミング アドレス
エイミング アドレス右
エイミング アドレス 正

出典 |Next Motion

準備を整え、アドレスを開始します。左の画像では、ターゲットよりも左を向いているため、間違っていることを告知する音声が鳴らされています。

真ん中の画像では、ターゲットよりも右を向いているため、こちらも同様に間違っていることを告知する音声が鳴らされますが、左とは違う告知音になっているようです。

最後に、右の画像は正しい向きでアドレスを行えているため、正解を告知する音声が鳴らされています。

このように、ザ・エイミングは正誤の告知音によって、正しいアドレスを把握するための手助けをしてくれます。アドレスの改善に困っているという方は、試してみてはいかがでしょうか。

4. まとめ

いかがだったでしょうか?

アドレスはゴルフを行う上で、とても重要な役割を担っている部分になります。重要な部分ということもあり、アドレスを少し失敗してしまうだけでも、スコアに大きな影響が出てくることも少なくありません。

アドレスがイマイチ上手くいかない、アドレスの基本を把握できていないという方がいらっしゃれば、悪いアドレスの癖が付く前に、しっかりと基本のアドレスを覚えてください。

アドレスは矯正していくことが難しいため、なるべく最初の内から基本を覚えることが肝要です。なぜなら、自分に合っているアドレスが分からなくなった時でも、基本のアドレスに戻ってこれるからです。

基本のアドレスを知らないと、余計に迷走してしまいます。まずは、焦らずに「基本」を忠実に覚えていくようにしましょう!

pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中