グリーン周りで焦らない!アプローチの正しい構えと打ち方

アイキャッチ5加工
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフではアプローチの実力がスコアの差になると言われる程、結果を大きく左右します。1打のミスも致命的になるので緊張も伴いますし、苦手意識をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

アプローチに自信がつけば、グリーン周りでも余裕を持ってプレーを楽しむことが出来ます。この記事では、アプローチの基本的なアドレスの作り方と打ち方、更に確実に寄せていくために引き出しとして持っておきたい3つの球種を紹介します。またアプローチでやりがちなミスにも触れていきますので、ぜひアプローチの上達に役立ててください。

目次

1. アプローチの基本的な構えと打ち方
1.1 アプローチの基本的な構え方
1.2 スイング中意識する4つのポイント

2. 3種類の球種の打ち方
2.1 ピッチショット
2.2 ピッチエンドラン
2.3 ランニングアプローチ

3. アプローチで起きやすいミスと練習法
3.1 多少ダフってもいい!の意識で打つ
3.2 トップは腰や頭が浮いていないかチェック
3.3 アプローチのミスを減らす片足立ちスイング

4. まとめ

1. アプローチの基本的な構えと打ち方

まずはこの章で、アプローチの基本的な構えと打ち方を身につけましょう。アプローチでまず大事なことは、ダフリやトップをせずきちんと芯に当てることです。ピンまでの状況によって球種を打ち分けるのは、このベースの形をきちんと確立できた後でOKです。

1.1 アプローチの基本的な構え方

まずはアプローチの基本となる構え方を紹介します。最初のアドレスを正しく作ることがとても重要なので、以下の6つのポイントをひとつひとつ確認して下さい。

グリップする位置

グリップする位置はいつもより若干短く、両方の手がグリップの真ん中にくる程度に持ちましょう。身長の低い方はもう少し短く持っても大丈夫ですが、逆に身長の高い方は短く持ちすぎないように注意して下さい。
構え方:グリップ加工jpg

ボールの位置

ボールはスタンスの中央に置きます。ちなみに右にボールを置き過ぎるとボールが低く出てランが増え、左に置き過ぎると逆にボールが高く出てキャリーが増えます。後ほど紹介するランニングショットやロブショットなど極端にボールを転がすか上げる場面以外では、中央にセットしましょう。
構え方:ボール位置加工jpg

スタンス幅

スタンス幅は拳一つ分です。なぜスタンス幅を狭く取るかというと、不必要な体重移動をしないためです。アプローチショットでは余計な体重移動をするとミスショットを招きやすく距離をばらつかせる原因になります。
構え方:スタンス幅加工jpg

重心

重心は左右均等にします。後ほど紹介する球種によっては若干の違いもありますが、アプローチは非常にコンパクトなショットなので基本的に体重移動の必要がありません。余計な体重移動は失敗を招くので、均等に重心をかけてしっかり保ちましょう。
重心

ハンドファーストで構える

アプローチショットでは安定したボールの高さ、一定のスピンを作るためにハンドファーストの構えが大切です。ハンドファーストの状態をつくるにはグリップエンドを左足付け根のまんなかに向け、左腕とシャフトが一直線になるように構えましょう。
ハンドファースト

スタンスの向き

1ピン程度つまさきを左に開いて、若干オープンスタンスに構えます。小さいアプローチショットほどオープンスタンスの度合いが大きくなり、距離が長くなればなるほどスタンスの向きはスクエアと言ってターゲットと平行になることを覚えておきましょう。
オープンスタンス2

1.2 スイング中意識する4つのポイント

正しい構えが完成した後、実際のスイング中に意識してほしいポイントを4つ紹介します。正しいアドレスが出来ても、いざスイングをする時に崩れてしまいやすいポイントです。
1と2はボディモーション、3と4は手首について触れていますが、練習の際はこの順番にまずボディモーションを身につけてから手首の使い方を練習しましょう。そうすることで手打ちになるスイングではなく、体全体を使ったアプローチが身につきます。

基本の打ち方ポイント加工jpg

1. 重心を保って打つ

足の裏の感覚を意識して、足の裏の重心を左右で変化させないように打ちましょう。アプローチで膝が動いてしまう方は、重心を余計に動かしすぎていてダフリなどのミスにつながりやすいので、重心のコントロールを身に着けていきましょう。

2. 頭の高さをフィニッシュまで変えない

頭の高さをフィニッシュまで変えない意識で練習しましょう。それでも頭の高さが変わってしまったり、伸び上がる動きをしてしまう方はスイング中に“頭・ひざ・腰の3箇所の高さが動いていないか”、“背中が沿ったり丸まっていないか”という点をチェックしてみると原因が分かりやすいです。

3. 手首の角度を保つ

アドレス時にハンドファーストの形を取りましたが、これをスイング中に変えないことがとても大事です。特にフィニッシュで手首の角度が変わってしまうと距離感も合いにくく、ダフリやトップの原因になります。

4. グリッププレッシャーを変化させない

グリッププレッシャーは、特にインパクトで力が入って変わってしまうことが多いので注意してください。10ある力のうち5の力で握るのが理想です。

練習場で練習する際は、まず5~10ヤードの短い距離から始めてみましょう。スイング幅は個人差もありますが、5ヤードの距離でおおよそ時計の4時~8時の幅になります。
そしてアプローチショットの基本を身につけたら、次はコース上に現れる様々な状況に対応するために球種の引き出しを増やしていきましょう。2章ではアプローチショットの代表的な4つの球種をご紹介します。

2. 3種類の球種の打ち方

アプローチにおける代表的な3つの球種をご紹介します。コース上のアプローチでは池やバンカーなどの障害物の有無や、ピンまでの距離など状況によって球種の引き出しを持っているとその分良いスコアにつながります。
1章で紹介した基本の打ち方と大きくは変わりませんが、アドレスやクラブを少し変化させることで一番寄せやすい球種を打つことができるので、ひとつずつマスターしてください。

2.1 ピッチショット

ピッチショットは、ボールを上げ落ちてからほんのわずかに転がるショットです。ちょっとしたバンカーやマウンドを超えたいときに使います。

ピッチショット

以下でスタンスを確認しましょう。

  • ボールの位置:センター
  • 重心:センター
  • フェースの向き:1-2時にやや開く

また木やバンカーなどの大きな障害物を超えたいときは、ピッチショットよりも高くボールを上げるロブショットと呼ばれる球種を使います。ロブショットでは以下のようにスタンスを作り、クラブはSW(サンドウェッジ)を使います。ただし難易度が格段に上がるので上級者の方向けです。

  • ボールの位置:センターよりボール一つ分左。
  • 重心:右足体重
  • フェースの向き:最初は1-2時に開き、慣れてきたら少しずつ広げていく
  • スタンス幅:ドライバーと同じくらい広く
  • ボールと自分の距離:基本より離れる
  • スイング:今までのショットより大きくなるが、狙ってるピンに対して変化する

画像でピッチショットとのスタンスの違いを確認してください。
ロブショットスタンス

2.2 ピッチエンドラン

ピッチエンドランは、1章で紹介したアプローチの最も基本となるショットです。ボールを上げるのと転がす比率が5:5くらいとなります。

ピッチエンドラン

  • ボールの位置:センター
  • 重心:センター
  • フェースの向き:ターゲットに直角

ピッチエンドランでは、PW(ピッチングウェッジ)・AW(アプローチウェエッジ)・SW(サンドウェッジ)と状況によってクラブを使い分けます。その方のスイングのタイプや、グリーンのコンディションなどによって転がりの度合いが変わるので、クラブごとにどのくらい転がるかを練習場で把握しておきましょう。

2.3 ランニングアプローチ

ランニングアプローチは、ボールをほとんど上げずに大きく転がしたい時に使うショットです。「ゴルフは転がしが基本」とよく言われるように、できる限り転がした方が寄せやすくミスヒットする確率も低くなりますので基本のピッチエンドランと並んで必ずマスターしておきたい球種です。

ランニングアプローチ

  • ボールの位置:ボール一個分右
  • 重心:やや左(6~7割)
  • フェースの向き:ターゲットに直角

ランニングアプローチもピッチエンドランと同様に、3つのクラブで転がりを試してみて下さい(基本はAWかPWで打ちます)
SWは止まりやすいクラブなので、転がしたいランニングアプローチでは中途半端になってしまいます。

3. アプローチで起きやすいミスと練習法

アプローチのようなスコアに直結するコントロールショットは緊張も相まってミスしが出やすいです。そこでアプローチで多いダフりとトップのミスについて、考えられる原因と効果的な練習法をご紹介します。

3.1 多少ダフってもいい!の意識で打つ

アプローチでダフってしまう時は以下のような原因が考えられます。

  • ダフることを避けようとしすぎて手が遅れ、インパクトのタイミングを外している
  • 最初のアドレスの状態から腰や頭が下がっている
  • 手首のコックが解けてしまっている

アプローチでは、ボールのあった位置にソールをざっとこするようにスイングできればショットが決まります。そのため「多少ダフってもいい」という意識で、必要以上にダフりを意識しないこともポイントです。詳しくは、「ゴルフのダフりを解消したいなら必ず取り入れるべき練習法」をご覧ください。

3.2 トップは腰や頭が浮いていないかチェック

アプローチでトップしてしまう時は以下のような原因が考えられます。

  • ボールをすくい上げている
  • 最初のアドレスの状態から、腰や頭が浮いている

上記のいずれも、ボールの手前にスイングの最下点が来てしまってトップが起こる原因となります。アプローチショットでポイントとなる重心のコントロールが出来るようになればトップのミスは改善できます。詳しくは「ゴルフのレッスンプロが伝授する!トップの原因と治し方」をご覧ください。

ダフりやトップの不安から開放されれば、思い切りの良いアプローチが出来るようになります。そこでこれらのミスを改善し、アプローチショットに安定感が出てくる片足立ちスイングを紹介します。

3.3 アプローチのミスを減らす片足立ちスイング

アプローチでのミスを減らすのに、片足立ちで行うスイングが効果的です。有名な青木功選手はふくらはぎの筋肉が通常の人の倍くらいあるそうで、アプローチの名人と言われる所以にはふくらはぎの強さが大きく関係しています。
片足立ち練習を行うことでふくらはぎを強くし、スイング中のバランスアップ・重心の位置を保つ安定感が養われます。

片足立ちスイングのやりかた

ステップ1 左右どちらかの片足で立ち、ボールは立っている足の真上にセットする

ステップ2 最初は、連続で3球片足のまま打てるようにする

ステップ3 打ち終わった後なるべくフラフラしないようにする

片足立ち練習加工jpg

この練習の際はぴったりに寄せることをそれほど意識しなくても、片足だけでそれぞれ10球連続で打てるようになればアプローチが安定してきますのでぜひ練習に取り入れて見て下さい。

4. まとめ

アプローチの練習は、ミスの起きない基本の構え方とスイングを反復して安定させることが1番大切です。練習場でアプローチショットの形を何度も反復して身につけて、コースに出た時に落ち着いてアプローチに望めるようにしましょう!


pc_cta_bnr_a

過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中