ゴルファーの天職!ゴルフを教えるゴルフコーチの日常となり方とは?

catch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「好きなことを仕事にする。」ということほど、幸せなことはありません。

サラリーマンならば一度は、「今日は仕事に行きたくない…。」なんて思うものですが、好きな仕事に就くと、「よし!今日も仕事に行くぞ!」と気持ちも明るくなるものです。

ゴルフが趣味の方ならば、好きなゴルフを日々上達させながら、自分の技術を伝える”ゴルフコーチ”という職業はまさに天職です。

そこで今回は、ゴルフが好きな方のために、人にゴルフを教える”ゴルフコーチ”とはどのような職業か、ゴルフコーチの日常からなり方までをくわしくご紹介していきます。

目次

1. ゴルフコーチとは、生徒さんのゴルフを上達させる職業

2. ゴルフコーチの日常

3. ゴルフコーチに必要な資格はない

4. 気になるゴルフコーチの求人事情とその年収は?

5. ゴルフコーチに増えている転職組

6.コーチになるきっかけは”仕事のマンネリ化”

7. ゴルフコーチになるには、養成アカデミーが一番

8. まとめ

1. ゴルフコーチとは、生徒さんのゴルフを上達させる職業

ゴルフコーチは、その名の通りゴルフを生徒さんにコーチングする(教える)職業です。

golf-coach

一般的なゴルフコーチは、生徒さんからのレッスン予約を受けて、その時間に、スライスの対策や、飛距離アップなど、実際に生徒さんが指導して欲しいゴルフの技術を指導する。というのが主な業務です。

もちろん各レッスンスタジオによって異なりますが、最近では電話予約の受付も、コーチ自らがやるというケースもあるようです。

個人でゴルフのレッスンスタジオを開業した場合は、予約から指導、経理や集客までのすべてを、夫婦か一人で回すこともあります。

2. ゴルフコーチの日常

ゴルフコーチの多くは、生徒さんの予約時間に合わせた日常を送っています。

都内のレッスンスタジオ『ゴルフパフォーマンス』で実際にゴルフコーチをしているKさんの場合

ゴルフコーチの1日
13:15 スタジオ到着
13:30〜13:45 レッスン準備(生徒さんのカルテの内容確認など)
14:00〜16:50 予約に応じてレッスン(1コマ50分)
17:00〜18:00 休憩
18:00〜21:50 予約に応じてレッスン(1コマ50分)

取材協力 | ゴルフパフォーマンス

といった日常を送っていて、だいたい毎日7コマ程度のレッスンを担当されているそうです。

早くから予約があったときや、コースレッスンのときは8時から17時までレッスンすることも。

このようにゴルフコーチは、生徒さんの予約に合わせたライフスタイルを送っています。

3. ゴルフコーチに必要な資格はない

実はゴルフコーチを名乗ることに必要とされている条件や資格はありません。

“ゴルフコーチ”という職業には、決まった定義があるわけではなく、実際に生徒さんがいて、指導をした実績があれば、”ゴルフコーチ”と名乗って問題はありません。

shikaku

出典 |全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟

ですが、多くのゴルフコーチは何らかの資格を取ってからコーチになる方が大半です。

ゴルフコーチに関連する資格には、一番有名なPGAティーチング資格から、各レッスンスタジオチェーン店の設定している独自資格まで、幅広く存在しています。

license

出典 |ゴルフパフォーマンス

コーチを目指そうと考えたとき、有名なPGAティーチング資格を取得することが、無難な選択ですが、レッスンスタジオチェーン店独自の資格の多くは、そのスタジオで採用してもらえるケースが大半ですので、どちらも取得することがベストな選択のようです。

4. 気になるゴルフコーチの求人事情とその年収は?

そんなゴルフコーチの業界の現状は、ゴルフコーチの求人は増えつつあり、ゴルフコーチの平均年収は、360万円程度と言われています。

近年、ゴルフのレッスンスタジオの数は、増加傾向にあり、レッスンスタジオの数が増えている分だけ、ゴルフコーチの求人は増えています。

ゴルフコーチ全体の平均年収は360万円程度と言われていますが、人気のコーチとなると500万円を超えることもあるようです。

個人で開業しているゴルフコーチならば、500万円以上も夢ではありません。

5. ゴルフコーチに増えている転職組

レッスンスタジオの増加と共に求人が増えているゴルフコーチですが、最近さらに注目されているのは、サラリーマンからの転職組のゴルフコーチです。

最近、会社で働きながら、週末や空いた時間を使って、ゴルフコーチになるための資格を取れるようなスクールの登場で、転職組のゴルフコーチが増えています。

screencapture-jgs-piu-or-jp-pro-php-1482110753877

出典 |全日本ゴルフスクールプロ指導者連盟

無理ないペースで通うことができるスクールの登場は、多くのゴルファーにとって、転職しやすい環境になったようですね。

6.コーチになるきっかけは”仕事のマンネリ化”

これら多くの転職組ゴルフコーチが、コーチになるきっかけには、”仕事のマンネリ化”にあることが多いようです。

いま、レッスンスタジオでコーチをしているゴルフコーチでも、数年前までは、やりたくない仕事と職場の人間関係に振り回されながら、ギュウギュウの満員電車に毎日揺られて出勤しているサラリーマンだった…。なんて話はよく聞きます。

img_08

出典 |ゴルフパフォーマンス

社内の評価を気にしながら、上司に気に入られるための日常のマンネリ化に嫌気がさして、一念発起。という方が多いようですね。

「本当にこのままでいいのか?」「この人生で将来は幸せなのか?」という悩みが、きっかけになったようです。

7. ゴルフコーチになるには、養成アカデミーが一番

もし、あなたが自分もゴルフコーチになりたい!開業したい!と考えているのであれば、ゴルフコーチの養成アカデミーに通うことをお勧めします。

先ほどもご紹介しましたが、ゴルフコーチになるには、PGAティーチング資格とレッスンスタジオチェーン店の独自資格を取ってしまうことが一番の近道です。

そのためには、資格取得保証のついた、ゴルフコーチの育成アカデミーに通うことが一番です。

今までゴルフコーチになるためには、独自に資格を取得する必要があり、資格を取得できても、実際には雇ってもらえなかったり、開業のための経営ノウハウが無いなど、実際には、コーチの道へ進むことができない人が多く存在しました。

ですが、最近ではゴルフコーチを養成するアカデミーがあるので、資格の取得を保証してくれるだけでなく、就職先を紹介してくれたり、経営ノウハウも教えてくれるアカデミーが登場し、ゴルフコーチのハードルは大きく下がりました。

先ほど取材に協力頂いた、「ゴルフパフォーマンス」さんでもゴルフコーチの養成アカデミーが開かれており、就職サポートから開業コンサルまでしているそうです。

>>ゴルフパフォーマンスのゴルフコーチ養成スクールはこちら

今からゴルフコーチになりたい!という方は、このような養成スクールに通われることをオススメします。

8.まとめ

いかがでしたか?

好きなゴルフを仕事にできるということは、ゴルファーにとってこれ以上ない幸せです。

実際にゴルフコーチに転職された方は、

「仕事のストレスが楽しみに変わり、日常が変わった!」
「気持ちに余裕ができた!」
「手に職を得て、人生の不安が減った!」

など、人生を楽しまれている方が多いようです。

また、今ならゴルフパフォーマンスさんのコーチ養成スクールでは、入学金が無料になるキャンペーンも実施しているそうです。

あなたの人生を、楽しくするきっかけに、ゴルフコーチを目指してみるのはいかがでしょうか?

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中