ドライバーの打ち方が綺麗になる3つのステップ

ドライバー 打ち方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドライバーショットと言えば、ゴルフの醍醐味とも言えるくらい気合いが入るショットですよね。

ボールの芯に当たって、まっすぐ遠くまで飛んで、目標の位置に止まったりすると、この上なく最高の気持ちになると思います。「いつでも、どこでも、誰でも」上手くいけば問題ないのですが、思わぬミスがでてしまう。

安定しない。はたまた苦手だ・・・悩みは様々だと思います。

この記事では、初心者の方は基本から、中級者以上の方は初心に戻って、ドライバーショットの打ち方の基本やコツをポイントをおさえて紹介していきます。

目次

1.安定したドライバーショットを手に入れろ!
1.1.ドライバーショットが上手くなる3つのステップ
1.2.ドライバー選びも気にかけてみよう

2.ドライバーショットを操ってスコアアップ
2.1.圧倒的に飛距離を伸ばす4つのポイント
2.2.ボールを左右に打ちわける
2.3.スピンを利用しよう

3.これがプロのドライバー! 
3.1.男子プロゴルファー
3.2.女子プロゴルファー

4.まとめ

1.安定したドライバーショットを手に入れろ!

ドライバーショットをマスターするためには、やはり基本的な打ち方をマスターすることが大事です。ましてや安定したショットを打とうと思うのなら尚更のことです。

まずは、ご自分のドライバーショットの打ち方が間違っていないかどうか確認をすることから始めてみましょう。

1.1.ドライバーショットが上手くなる3つのステップ

STEP1 位置を気にしてみよう

ここでは3つの「位置」が重要になってきます。

  • ボールの位置
  • ティーの位置
  • 自分の立ち位置

アドレスをする際に、もっとも注意してほしいのが「ボールの位置」です。

ボールの位置

クラブごとに適切なボールの位置というのは変わってきます。

ドライバーショットでの適切なボールの位置は、左脇の真下です。

ボールは両足の真ん中から左脇の間に置きます。
クラブが長くなるにしたがって、徐々に左脇の方に移動させていくのが良いです。
ドライバーは、クラブの長さが一番長いので、一番左に置きます。

足のつま先の位置を基準にしてしまうと、ずれてしまう可能性の方が高いので、ご自分の「脇」を目安にボールの位置を決める良いです。

ティーの位置

ドライバーのティアップの理想は、フェースのトップからボールが半分見えるの高さです。
そこから、ご自分の打ちやすい高さに微調整しましょう。ドライバー ティアップ

 

自分の立ち位置

ご自分の立ち位置と表現しましたが、要はボールと自分の距離のことです。左右方向のボールの位置も大事ですが、それと同じくらい大切な要素がボールとの距離になります。

ボールと体との距離は、個人差が大きくて、意外と曖昧になっていませんか?

「近すぎず遠すぎず」がベストだと言われていますが、これは「アドレスをした時に腕が曲がってしまっては近すぎ」で、「腕がピンと伸び、脇が空いてしまうのは遠すぎ」のサインです。

ボールとの距離が適切でないと手打ちの原因になってしまいます。

ドライバーでは、自分の体とグリップとの距離が、握りこぶし2つ分になるようにアドレスします。その時のヘッドと自分の体との距離が、適切なボールの距離です。

しかし、これは正しいアドレスをしていることが前提になります。きれいにアドレスが出来ていれば、自然に握りこぶし2つ分になるはずです。

STEP2 構えてみよう

3つの位置がわかったら、次は構えてみましょう。

構え(アドレス)は、正しいスイングをするための土台となります。

~構え(アドレス)の手順~

 クラブを左手で持って背筋を伸ばしてまっすぐに立ちます

 股関節から上を前傾させる

まっすぐ立ったら、そのままお辞儀をするようにかがんていきます。このとき、背中は曲げないように注意してください。背筋を伸ばしたまま、股関節から前に倒れることを意識しましょう。

前傾比較1

 クラブをグリップする

グリップは大きく分けて、スクウェアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップという3種類がありますが、この中でもポピュラーで初心者にも扱いやすい、スクウェアグリップがオススメのグリップです。

スクウェアグリップは初心者が一番きれいなフォームで打ちやすいグリップになります。まずは基本のスクウェアグリップを覚えて、それから自分に合った形に変化させていくようにしましょう。

グリップ 関節

左手を握っていく時に、小指の付け根から人差し指の第二関節にかけて、少し斜めに向かってクラブを握ってください。そうすると、自然と親指の付け根が右肩を指していると思います。これが正しい形です。

グリップ 鏡チェック

鏡に映した時に、左手の人差し指中指のこぶしが見えるようであれば、「スクウェアグリップ」と呼べるグリップです。これが見えないようだと、修正が必要になってくるでしょう。もう一度、ゆっくり試してみてください。

 膝を軽く曲げてすねは地面に垂直に

次に、膝を軽く曲げていきます。このとき、膝を曲げすぎてくの字になってしまったり、おしりが下がり過ぎないようにしてください。おしりが下がり過ぎると、前傾状態の背中が起き上がってしまいます。前傾している状態を保ちながら、膝をほんの少しだけ曲げ、すねのラインが地面と垂直になるくらいが目安です。

垂直1

 自分の立ちやすいスタンスの幅をとる

スタンスの幅は「自分の一番立ちやすい幅」がベストです。ですので、「この幅がいい!」というのはありません。

以下の画像は目安になります。自分の幅が決まらない方は参考にしてください。

stance-width1.1

 重心は拇指球に

ここまでで正しく姿勢が取れていれば、重心は「拇指球」のあたりにきているはずです。確認してみましょう。

拇指球というのは、足裏の親指のつけ根のあたりにある膨らんだ部分のことです。ここにしっかりと重心が来ていると、正しいインパクトが出来ます。

拇指球

 3つのラインがズレていないかチェック

ライン1

この3つのラインが、平行になっているかを確認して下さい。この3つのラインがバラバラだと、ボールの方向性・正確性に影響が出てしまいます。

STEP3 スイングしてみよう

ドライバーというイメージから、フルスイングの練習だけをしていませんか?

フルスイングは一番大きなスイングですから、一番難しいと言っても過言ではないと思います。

ちゃんとボールの芯を捉えることができないスイングでは、どんなにフルスイングの練習をしても、なかなか効果は現れてきません。

ビジネスゾーンは、スイングにとって最重要で、かつ最低限出来るようになるべきものなのです。

ビジネスゾーンの練習の仕方を、動画で紹介します。

動画でチェックしよう

ビジネスゾーンのスイングで注意して欲しい点は3つあります。

振り幅は絶対に腰から腰

小さなスイングで出来ない事は、いくらフルスイングで頑張っても、なかなか思うようにはいきません。少しずつスイングを大きくしていく事が、早く良いスイングが身につくための近道になります。

27

 

肘は引かない

理想はアドレスで作った両腕の長さ、肘の曲がりと腰の位置をフォロースルーまで変えないことです。大事なことは、必要以上に伸ばさず、肘を引かないことです。

バックスイングの時に、多少右肘が少し曲がる、フォローで左肘が少し曲がるくらいなら問題はありません。

体重移動は小さく

体重移動をしようと、余りにも意識してしまうと、必要以上に大げさな動きになってしまいます。ですから、感覚としては左右均等にアドレスを作ったら、左右均等のまま打つ、という程度で大丈夫です。

ビジネスゾーンは小さいスイングなので、大きな体重移動は必要ありません。

体重移動をしよう意識しすぎると軸ブレ起こり、ダフリやトップの原因になってしまいます。

まずは、腰から腰のビジネスゾーンの練習を行い、慣れてきたら肩から肩のスイングの練習、そして最後にフルスイングという順番で、練習することをおすすめします。

肩から肩のスイングの練習をする時は、ベタ足と言って、足の裏が常に地面に着いた状態で打つことを意識してください。

1.2.ドライバー選びも気にかけてみよう

ドライバーを購入する際に、何を基準に選んでいますか?

いかに自分の体力やスイングにあったドライバーを選ぶかで、ショットやスコアに大きな影響を及ぼします。

ぴったりなドライバーを選ぶ8つの基準

  • シャフトの硬さ
  • シャフトの長さ
  • ヘッドの重さ
  • ヘッドの大きさ
  • 重心の位置
  • ロフト角
  • ライ角
  • フェースの向き
  • シャフトの硬さ

ショットの精度と飛距離に影響を与えます。そのため、自分のヘッドスピードを元に選ぶことが大事です。ヘッドスピードが遅めの方(女性など)は、柔らかいシャフトを選んで飛距離を出しましょう。

また逆に力があって、ヘッドスピードが速めの方(男性など)は、硬いシャフトを選んで精度を上げましょう。

シャフト 飛距離

 

  1. シャフトの長さ

  市販のドライバーの長さの平均は、およそ44~47インチ(約112センチ~119センチ)です。

     

 

     メリット

     デメリット

シャフトが長い

ヘッドスピードが上がる

扱いづらくなるために、正確性が落ち、ボールが曲がりやすくなる

シャフトが短い

扱いやすいので、ボールが曲がりにくくミスが出にくい

ヘッドスピードがあまり出ないので、飛距離を出しにくい

  1. ヘッドの重さ

「スイングが崩れない範囲で重いもの」を選びましょう。

とにかく「重いもの」を選んで、飛距離アップさせたい気持ちはやまやまなのですが、 重さのためにスイングが崩れてしまうと身も蓋もありません。

  1. ヘッドの大きさ

ヘッドが大きいと、スイートスポットも大きくなるので真っ直ぐ遠くに飛ばしやすくなります。430cc以上の、ヘッドが大きいものを選びましょう。ただし、ヘッドの重さと一緒で大きすぎると扱いづらくなるので注意してください。

※スイートスポットとはフェース面の芯のことで、ボールを打った時に最も飛距離が出るとされるヘッドのポイントのことです。

ヘッドの大きさは、フェース面の大きさも一緒に考慮する必要があります。

フェース面の大きさには、シャローフェースとディープフェースという2つの種類があります。

 

シャローフェース

ディープフェース

image6

低いボールばかり出てしまい、飛距離が伸びないという方や、初心者の方(ボールが上がりやすく飛びやすいため)にオススメ。

image21

力がある方(ボールが上がりづらく、スピンが出づらいため)にオススメ。

 

  1. 重心の位置

ボールがつかまりやすくなるので、重心距離は36mm以下がオススメです。

フックが出やすい方→重心が長いのもの スライスが出やすい方→重心が短いもの

image4

※ボールがつかまりやすくなるとは、ボールをスライスやフック方向に逃さずに、正しい軌道に沿って打つことが出来るという事です。

  1. ロフト角

多くのドライバーは、モデルごとに9.5度、10.5度などのいくつかのロフトがあらかじめ用意されています。購入する時に、ご自分でドライバーのロフトを決めます。初心者は10~12度がオススメです。10度より小さいロフト角は地面との角度が垂直に近くなり、ボールが上がりにくくなります。

新モデルが発売されるたびに進化しているドライバーですが、ヘッドとシャフトを着脱できるシステムも登場しました。ご自分でロフトの調整が行えて、モデルによってはヘッドに装着されているウェイトの交換が出来たり、動かす事も出来るようにり、弾道の曲がり具合の調整が可能になっています。

  1. ライ角

ライ角は、クラブをソールした時にシャフトと地面がつくる角度のことです。image5

アップライト(ライ角が60度以上)

→シャフトと地面が垂直に近づいています。ボールが上がりやすく、初心者にオススメ

フラット(ライ角が60度未満)

→シャフトと地面が地面と並行に近づいています。
フックがでやすい人はボールがつかまりすぎているので、あえてボールがつかまらないフラットを選び、フックをカバーするのもアリです。

 

適正なライ角は、その人の腕の長さや身長、そしてアドレスやスイングに合わせて決まるものです。そのため、まだ毎回同じようにスイングをすることができない初心者の方は、自分に適切なライ角を決定することができません。ライ角の調整は、上級者の方に必要になります。

  1. フェースの向き

フックフェース

ストレートフェース

image23スライスが出やすい人にオススメです。インパクトでフェースが開かないように改良されています。

image14

スタンダードな形です。基本的にはストレートフェースを選ぶほうが良いです。

 

以上の8項目を基準に、ご自分にあうドライバーを選んでみてください。

また2~3本のドライバーを購入したことがあるような中~上級者の方だと、もっとご自分にあったクラブを求められることも出てくるでしょう。そういった場合には、カスタムシャフトと言って、種類や重さ、長さ、そしてグリップを選んで付け替えて、理想のドライバーに近づけていく事もオススメの方法です。

2.ドライバーショットを操ってスコアアップ

第2章では、ドライバーショットでよくある悩みから、スコアアップの鍵になるポイントをご紹介します。

2.1.圧倒的に飛距離を伸ばす4つのポイント

「とにかく飛ばしたい」そんな方は、4つのポイントを気にかけてみてください。

  • 正しいアームローテーション
  • 正しい体重移動
  • ミート率アップ
  • ドローボール

今回は、正しいアームローテーションを身に付けるおすすめの練習方法をご紹介します。

アームローテーションを上手に行えるようになると、ヘッドスピードが上がり、効率良くボールに力を伝えることが出来るようになります。

ボールを正確に捉えることが出来るので、飛距離アップに繋がるのです。更に、ボールがスライスしてしまうリスクを軽減することも出来ます。

正しいアームローテーションの身につけ方

おすすめの練習方法は水平素振りです。

水平素振りを行うことで、切り返しの時に左腕の上に右腕が入ってくる「ターンオーバー」という動きを覚えることが出来ます。0

ちゃんとしたターンオーバーを身に付けることで、ボールをしっかりと捉えることが出来て、ボールに最大のエネルギーを伝えられるようになります。

~やり方~

重要なポイントは、バックスイングを上げた時に、左腕とクラブが地面に対して水平になっていること。そして、クラブフェースの向きが真上を向いていることです。

クラブフェース・クラブシャフト・左腕が、地面に対して水平な角度でバックスイングを上げます。1

次に、クラブを振り下ろしてきて体が正面を向く時、アドレスの位置に戻ります。2

ここから、ターンオーバーと言って右腕が左腕の上に入っていく動きをします。

ターンオーバーしたら、フォローの時に、右腕とクラブシャフトが地面に対して水平になっています。

この時のクラブフェースの向きは、地面に対して真下を向くのではなく、地面のやや向こう側を向くようにしてください。これが正しい向きになります。3

この時に注意するポイントは、バックスイングを上げて、振り下ろしてきた時の左肘です。

ターンオーバーの動きではなく、左腕が上のまま、いわゆる左肘を引いてしまう動きになっている方が、特に多く見受けられます。4

ぜひ正しいターンオーバーの動きを覚えて、飛距離アップと安定した方向性を手に入れてください。

2.2.ボールを左右に打ちわける

「スライス」や「フック」と聞くと、代表的なミスと思われる方が多いと思います。
しかし「フェード」や「ドロー」だとどうですか?肯定的に意味合いに思われる方が多いのではないでしょうか。

 

フェードボール

ドローボール

特徴

・ボールが落下する直前、ボールの威力がなくなってくるころに利き手側に少しだけ曲がる弾道
・曲がり幅がスライスよりも小さい弾道

・ボール落下直前に利き手とは逆側に少しだけ曲がる弾道
・曲がり幅がフックよりも小さい弾道

メリット

・コントロール性に優れた弾道で、自分の止めたいところで、しっかり止めることが出来る

・フェースにしっかり当たりやすいので飛距離が出る。その上、着地してからの転がり(ラン)も長いので、飛距離に優れている

デメリット

・やや飛距離が劣る

・ランが長い(グリーンでしっかり止まってくれない、フェアウェイからラフに入ってしまうなどのため)

おすすめ
 ポイント

・グリーン上でピタッと止めたい時

・アイアンでのショットなど

・飛距離が必要なドライバーショットなど

弾道4種ドローとフェードとを好きなように打ち分けられるようになったら、ゴルファーとしてのレベルをさらに上げることが出来ます。

一般的にはドローボールの方が好まれているようですので、今回はドローボールの打ち方をご紹介いたします。

ドローボールの打ち方

胸の前でグリップをするならば、エッジの向きは、ターゲット(地面に)に対して垂直にして、グリップをしてそのままアドレスをして打っていきます。image17

しかし今回は、構えた時にエッジの向きを左に向けて、時計の針でいうところの11時くらいにフェースの向きをセットしてグリップをして打っていきます。image8

下にクラブを下ろした時、クラブフェースの向きは、左を向いていますが、その左に向いたまま打ち抜いていきます。

動画でチェックしよう

このテクニックは、スタンダードな打ち方としてはいけません。あくまでも緊急時に使うテクニックです。

ゴルフを初めて間もない方は、ドローとフェードを打てるように意識する必要はありません。まずは、スライスやフックを頻発させないようにスイングすることを心がけましょう。

 

2.3.スピンを利用しよう

スピンとは、ゴルフボールをショットした時にかかる回転の事を言います。

スピンにはトップスピン、バックスピン、サイドスピンの3つがあります。

トップスピン

低い弾道で飛び、キャリー後のランが長くなる

バックスピン

高い弾道になり、キャリーした後のボールは、着地点に止まるか、戻ってくる

サイドスピン

フックやスライスの軌道を描く

スピン量を調整するのは、レベルの高いゴルファーほど上手です。
ドライバーの時はスピンを抑えめにして、アプローチの時は強めにと調整することが出来ます。
しかし初中級者の方が、意図的にスピンを行うのは、経験が物を言うこともあってやや難しいです。

スピンは、「かけるもの」というよりは「かかるもの」ですが、スピンがかかる要素を理解すれば、初中級者の方でも比較的スピンをかけやすくなります。

そこで今回は、スピンの中でもバックスピンがかかる4つの要素をご紹介します。

バックスピンがかかりやすくなる4つの要素

  • ボール&クラブ
  • コースの状況
  • クラブの芯でボールの芯を打つ

バックスピンとは、ボールの飛ぶ方向とは逆向きにかかるボールの回転のことです。
バックスピンが強くかかると、ボールが高く飛ぶ特徴があります。
ボールが高く上がることにより、その分飛距離が落ちてしまいます。

ボール&クラブ

スピンがかかりやすいかどうかは、道具が大きく影響します。ですので、バックスピンをかけたいと思うのなら、スピンしやすいボールとクラブを選びましょう。

ボール:スピン系として販売されているボールを使いましょう。このボールの特徴は、カバーが柔らかく、ウェッジの溝に入り込むので、スピンがたくさんかかります。

クラブ:フェースにメッキ加工がされているものは、ボールの回転が落ちてしまいやすいので、「ノーメッキ」になっているものを使いましょう。ロフト角は、大きい物の方が、スピンがよりかかりやすくなります。

コースの状況

ボールが止まっている場所のことです。ラフから打つと、芝によってショットが妨げられるためにスピンがかかりやすくなります。

また、順目に止まっているものを打つほうが、バックスピンがかかりやすくなります。逆目だと、ラフからのショットと同様、芝によってショットが妨げられるからです。

追い風の場合、飛球方向と同じ方向に風が吹いているので飛距離は出ますが、スピンがかかっている向きとは逆になるため、スピンの強さは弱まります。

向かい風の場合、スピンがかかっている方向と同じ方向に風が吹くので、スピンは強まりますが、飛球方向とは逆向きの風になるので、飛距離が短くなります。

クラブの芯でボールの芯を打つ

クラブは芯で打った時に、最もスイングのパワーを効率的に伝えられるように作られています。ボールも同じで、芯でショットすると、ボールそのものが持つ反発力が最大限に作用します。

ですからクラブの芯でボールの芯を打つことが出来れば、バックスピン量を格段に増やすことが出来るのです。

これらの4つの要素をに注意すれば、バックスピンがかかりやすくなりますが、最も重要な要素は、この「クラブの芯でボールの芯を打つ」です。いくら他の要素が整っていても、正しいスイングが出来なければ強いバックスピンをかけることは出来ません。

バックスピンをかけやすくする打ち方~ダウンブロー~

ダウンブローとは、クラブヘッドが最下点に達する前、ヘッドが下降を続けている最中にボールを捉えることです。

~ダウンブローの打ち方~

①アドレスのポイント

左右の足の土踏まずに、同じくらいの体重をかけて下さい。重心は均等になるようにすること。

weight1

この時に、極端に左足に体重をかけてしまうと、ダウンブローになりすぎてしまい、大ダフリの危険があります。
アドレスからインパクトに入った後は、左足の土踏まずに体重を集中させるようにしてみてください。

②軸ブレしない

スイングの時に腰が左右に動かないように、腰を固定することを意識すること。また顔の向きが動くと、顔の軸もブレてしまい上半身が安定しないので、顔の軸も固定すること。

hip-face1

腰を固定するイメージとしては、人に後ろから声をかけられて、振り向くような感覚です。

この際に、おへそが水平に移動するように意識ができると、よりキレイなスイング軸になります。

顔の向きを固定するイメージは、地球儀です。

顔が地球儀の軸と考えて、体だけが回るように練習しましょう。

③最重要ポイント:ハンドファーストで打つこと。

hand-first1.2

ハンドファーストは、クラブヘッドより手元が先行している状態です。どのクラブにおいてもハンドファーストであることは大切なのですが、ダウンブローで打つためには、より一層ハンドファーストが大切になります。

正しいハンドファーストのコツは、インパクト時に、手元を左足の外側に押し出す感覚を身につけることです。

構えからインパクトまで、ハンドファーストでいることを心がけましょう。

 

3.これがプロのドライバー! 

ここではプロのドライバースイングの動画や記録をご紹介します。

プロのスイングを見て自分の練習に活かすのも有効な練習方法の1つですよ。

3.1.男子プロゴルファー

松山英樹選手

平均飛距離 301.6ヤード(2017年平均飛距離 05/10時点)

動画でチェックしよう

松山選手の2016-2017年5月15日現在の米国男子 平均飛距離は、301.6ヤードの第20位ですが、2013年の平均飛距離が317.750ヤードで米国男子で第1位でした。

2017年5月14日付の男子世界ランキングで、日本人初となる第3位となり、ますますの活躍に大注目ですね。

 

ダスティン・ジョンソン選手

平均飛距離 312.3ヤード(2017年平均飛距離 (05/10時点)

動画でチェックしよう

言わずと知れたツアー屈指の飛ばし屋 ダスティン・ジョンソン選手ですが、2017年からドライバーはM-1を使用しているようですね。

 

池田勇太選手

平均飛距離 282.81ヤード(2016年)

動画でチェックしよう

2016年の男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で賞金王を決めた池田勇太選手のドライバーは、十分な飛距離と正確なショットに魅了されますよね。

 

ジェイソン・デイ選手

平均飛距離 297.5ヤード(2017年平均飛距離 05/10時点)

動画でチェックしよう

ジェイソン・デイ選手のドライバーショットといえば、なんと言っても、そのスイングフォームの美しさですよね。正確なショットは目に焼き付けておくだけの価値がありますね。

3.2.女子プロゴルファー

リディア・コ選手

平均飛距離 2247.125ヤード(2017年平均飛距離 05/10時点)

動画でチェックしよう

リディア・コ選手の魅力は、完璧なスイングにありますよね。コンパクトで、ゆっくりとした流れるようなリズムのスイングは、飛距離よりも正確性を重視したスイングで憧れます。

 

イ・ボミ選手

平均飛距離 251ヤード(ドライバー飛距離ランキング2016女子プロ編)

動画でチェックしよう

小柄なイ・ボミ選手ですが、強い捻転でスイングエネルギーを作り出して、的確なインパクトでたくさんのゴルフファンを魅了しています。

 

野村 敏京選手

平均飛距離 247.672ヤード(2017年平均飛距離 05/10時点)

動画でチェックしよう

リオデジャネイロオリンピックで4位に入った野村敏京(はるきょう)選手。体全体を使った豪快なドライバーショットで、決して海外の選手に見劣りしない注目の選手ですね。

4.まとめ

いかがでしたか?ドライバーショットの打ち方の基本から、スコアアップのためのポイントと盛りだくさんでしたね。

飛距離を出すことももちろんなのですが、正確なショットがスコアアップの鍵ともなります。

憧れのプロのショットを意識しながらも、基本に忠実に練習をしていくことが、ドライバーが得意になる近道です。

この記事を参考にして、ぜひ素晴らしいドライバーショットを手に入れてください!
pc_cta_bnr_a


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中