カリスマゴルファー直伝!今すぐ理想のインパクトゾーンをつくる秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフをする上で疎かにできないインパクト。

ボールを遠くへ正確に飛ばせるかどうかの鍵はインパクトが握っているので、その重要度は極めて高いもので、「インパクトを制す者はゴルフを制す」と言っても過言ではありません!

とはいうものの、「どうしてもインパクトがうまくいかない…」そう思っている方は多いはず。

そこで今回はプロゴルファーたちも実践しているインパクトのつくりかたのエッセンスを伝授していきます。

どんな人であれ、最初はうまくいかないもの。しかし、本記事に書かれていることをきちんと実践すればしっかり上達することができるでしょう。

ここからは、ゴルフの中でも極めて重要なインパクトについて、正しいインパクトの作り方から、身体の動かし方、グリップの握り方までくわしくご紹介していきます。

「ゴルフの学校」読者が選んだ
いま人気のレッスン本はこちら!

ゴルフ界で異例の15万部のベストセラー!

ゴルフを思いのまま上達させる
「ビジネスゾーン」を完全解説!

→「ザ・ビジネスゾーン」はこちらから

アプローチを2パット圏内に寄せ、
いとも簡単にスコアを10縮める方法を伝授!

→「アプローチ勝ち組宣言」はこちらから

現実的に30パットが切れる秘密を大公開!

名手、青木功プロが実践した
スコアを縮めるパッティングを完全ガイド!

→「小原大二郎のライン・パッティング」はこちらから

目次

1.ゴルフインパクトでの正しい姿勢と身体の動かし方
1.1 頭と視線
1.2 右肘
1.3 手首
1.4 脇
1.5 腰
1.6 背筋
1.7 肩

2.インパクトとグリップ
2.1 グリップの握り方
2.2 グリップがずれる場合

3.インパクトゾーンの作り方

4. 練習に最適なインパクトバッグを選ぶ

5.まとめ

1.ゴルフインパクトでの正しい姿勢と身体の動かし方

ここでは、インパクト時の正しい姿勢と身体の動かし方について説明していきます。

1.1 頭と視線

スイングの際、左目でボールを見るようにしましょう。

見る位置は、フェースが当たる右側です。

ゴルフインパクト_視線

ゴルフでは、よく「頭を残す」という言葉を使いますが、では「頭を残す」とは具体的にどのようなことなのでしょうか。

それは「身体の軸をぶれないよう頭を動かさないようにする」ということです。

そして、上記のポイントを見ることで、正しい軸の位置を保つことができるようになります。正しい軸の位置を保つことで、スライスを防ぐことも出来ます。

1.2 右肘

ミスショットを避け、正しいスイング軌道をつくるためには、右肘を曲げることを心がけましょう。

画像5

右肘が伸びていると、クラブヘッドがアドレスのときからブレやすくなってしまい、ダフリやトップが出る原因となるだけでなく、クラブヘッドが降りきっていないときに右肘を伸ばしてしまうと、アウト軌道に出やすくなってしまい、アウトサイドインやインサイドアウトになりやすくなります。

1.3 手首

手首は、テークバックのときのコックの角度をキープするよう心がけましょう。

ゴルフインパクト_手首

テークバック時と同じように、インパクト時も力いっぱい振り切り、手首の角度が変わってしまう方は多くいらっしゃると思います。

しかし、手首の角度が変わってしまうと思わぬスライスや、ダフりを引き起こしてしまいます。

そうならないよう、手首の角度はキープしましょう。

1.4 脇

脇は、左脇をしめるようにしましょう。

ゴルフインパクト_脇



左脇が開くと、左肘が引けた状態になります。左肘が引けると、体の回転から生まれた遠心力が失われてしまい、ボールに力が伝わりません。

左脇をしめることを心掛けることにより、体の回転に合わせた、安定した軌道づくりができ、左肘をしっかり伸ばせるスイングをつくることができます。

1.5 腰

腰は、上半身を保ったまま左腰から回しましょう。

ゴルフインパクト_腰

左腰を回すのは、右腰・右肩を引っ張るためです。腰で右肩を引くと自然と腰が先に回り、膝だけを留めることができます。

逆に、上半身から先に回すと、軸足がぶれてスイングが乱れてしまいます。

1.6 背筋

背筋は猫背にならないよう、まっすぐに伸ばしましょう。

ゴルフインパクト_背筋

猫背になってしまうとインパクトが安定しなくなり、トップやダフリの原因にもなります。

1.7 肩

肩は、左肩に意識を集中させましょう。

ゴルフインパクト_肩

左肩に意識を集中させることによって肩が閉じたインパクトをつくることができます。

肩が開いてしまうと、フェースが開いて球に当たり、つかまらないだけでなく、飛距離も短くなってしまいます。

2.インパクトとグリップ

ここでは、インパクトをする上で欠かせないグリップのことについて説明していきます。

2.1.グリップの握り方

グリップは、小鳥を包み込むくらいの力で握りましょう。

具体的には、小鳥を潰さないくらい、でも逃がさないくらいの力です。

11

強すぎず弱すぎずくらいの力でグリップを握ることにより、インパクトの瞬間に力を最大限に発揮することが出来ます。

2.2.グリップがずれる場合

グリップがずれる場合、握る際に左手の小指と薬指だけに力をいれてみましょう。

親指や人差し指に力を入れているとグリップがずれることにつながりがちです。

3.インパクトゾーンの作り方

長いインパクトゾーンをつくるためには、スクエア軌道を意識しましょう。

pater1

クラブを体の正面に常に置きながら、7時の位置でフェースがスクエアに戻ってボールを向くように意識しましょう。

また、インサイドアウトのスイング軌道をイメージする方は多いと思いますが、インサイドアウトはフェースの開閉を多く使って、フック系のボールを打つための動きで、アウトから入り、カットスライスに悩む多くのアマチュアに向けたレッスンとしてよく使われます。

欠点としては、フェースがスクエアになる時間が短く、インパクトがゾーンではなく点になってしまうところです。インパクトが点になると、スピン量や出球の方向性がバラつきがちになり、球筋が不安定になります。

まだ、スコア100が切れませんか?

練習を続けても、伸びない飛距離、上達しないスイング…。 実に7割のゴルファーは、100を切れていないそうです。 1万人のゴルファーが参考にした、スコア100の切り方とは… →くわしくはこちら

4.練習に最適なインパクトバッグを選ぶ

ゴルフインパクトに最適なインパクトバッグはこちら

「ゴルフスウィング インパクトバッグ」です!

s1038

ゴルフスウィング インパクトバッグ |楽天市場



このインパクトバッグは、ゴルフ教育の基礎を作ったと言われているゲーリー・ワイレン博士が、「世界で最も効果的」と呼ぶインパクトバッグであり、多くのゴルファーたちに愛用されています。

しっかりと打ち込む練習をすれば、柔軟かつ強靭なスイング、インパクトが体得できます!
                                        

                     
                                        

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

思うようにインパクトがつくれないという貴方も、これらのことを実践していくことで満足のいくインパクトがつくれるはずです!

上手なインパクトを身に着けて、より良いゴルフライフをお過ごし下さい!

pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中