シャンクとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャンクとは

シャンクとは、クラブヘッドシャフトの結合部である「ホーゼル(ネック)」にボールが当たり、ボールが右方向に飛んでしまうことを言います。

まだ、スコア100が切れませんか?

練習を続けても、伸びない飛距離、上達しないスイング…。 実に7割のゴルファーは、100を切れていないそうです。 1万人のゴルファーが参考にした、スコア100の切り方とは… →くわしくはこちら

shank1

アイアンの基本|シャンクの原因とその対策 |じゃらんゴルフ

シャンクは、インパクトの際にアドレスした時よりもクラブ・手が前に出てしまっていることで発生します。手が前に出てしまう原因は大きく以下の2つの原因があります。



  • かかと重心でスイングしている
  • 前傾姿勢が維持できていない

アドレスの際にかかとに重心があると、スイングしている時に重心が前に移動してしまいます。そうすると身体が前のめりになるので、手も前に出ます。また、安定して前傾姿勢を維持できなければ、腰が前のめりになってしまい、自然と手が前に押し出されてしまいます。



シャンクは、

  • アドレス時に拇指球に重心を置く
  • 前傾姿勢を維持してスイングする

以上の2点に注意すれば改善することが出来ます。

ashiura


 
pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中