飛距離アップ必至!ゴルフスイングの正しい右脇の使い方

アイキャッチ画像_001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ゴルフスイングでは右脇を締めることが大切」というアドバイスは良くききますよね。実際にそのアドバイスに従って、右脇を締めて練習したはいいものの、「全然上達しない!」、「ボールが飛ばない」といったことを感じている人は多いと思います。

本当に右脇を締めるべきなの?どういう練習をすればいいの?といった疑問を持って今この記事を読んで頂いているあなたのために、今回はスイング時の正しい右脇の締め方、練習方法を紹介していきます。

適度な右脇を身に付けることでショットが安定するのようになるので、この記事を読んで、正しい右脇の使い方をマスターしましょう。

目次

1.右脇を適度に締めるとは?
1.1 切り返し、ダウンスイング時の正しい右脇の意識の仕方

2.適度に右脇を締めないと起こってしまうこと
2.1 右脇を締めすぎる
2.2 右脇が開いてしまう

3.右脇を適度に締めると得られる2つのメリット

4.適度に締まった右脇をマスターするための3つのポイント

5.正しい右脇の使い方が身に付く練習方法

6.まとめ

1.右脇を適度に締めるとは?

ゴルフスイング、特に切り返し~ダウンスイングにおいて、右脇が適度に締まっていることが大切です。右脇が適度に締まった状態とは、脇の上部はしっかりと締めて、下部(右肘付近)と脇腹の間には少し隙間がある状態をいいます。この適度に右脇が締まった状態を身につけることで、正しいスイングフォームが身につき、ショットが安定するようになります。

1.1切り返し、ダウンスイング時の正しい右脇の意識の仕方

・切り返し

切り返し時には、右肘と脇腹の間に少し隙間があることが理想の形です。腕の上部はきちんと脇が締まっていて、下部(右肘付近)は少し隙間がある状態が正しいです。

  • 右肘と脇腹を締めすぎないようにしましょう。

右脇_切り返し時_トリミング001

・ダウンスイング

右肘と脇腹が軽くふれる程度がダウンスイング時の正しい右脇の状態です。切り返し時より、右肘と脇腹の隙間が狭くなります。ダウンスイング時の右肘と脇腹の隙間はゴルフボール1個分を意識するといいでしょう。

脇の上部はしっかりと閉じていますが、右肘は少し開いています。 右肘が軽く脇にふれる程度がベストです。右肘と脇腹の隙間がゴルフボール約1個分になるよう意識しましょう。
右脇_ダウンスイング_002

脇の上部はしっかり締めて、右肘は少し開けるよう意識することがポイントです。スイング時にこれを意識して正しい右脇の状態を身につけましょう。

2.適度に右脇を締めないと起こってしまうこと

右脇を適度しまっていないと、様々なミスショットに繋がってしまいます。
ここでは、右脇が締めすぎた場合、開き過ぎてしまう場合にどのようなミスショットが起きてしまうかご紹介します。

2.1 右脇を締めすぎる

右脇を締めすぎると、上半身の動きが固くなり、スイングの円が小さくなってしまいます。右脇を締めすぎると上半身の動きがスムーズにならず、タメが作られません。タメが作られないと、ヘッドスピードも出ないので、飛距離が伸びません。

右脇_締めすぎ_001
こちらが右脇を締めすぎた例です。右肘が脇腹に密着するくらい右脇を締めすぎると、スイングの動きが固くなってしまいます。

2.2右脇が開いてしまう

右脇が開いていると、ダウンスイング時に、右腕が伸びるタイミングが早くなってしまうので、振り遅れやアーリーリリースになります。結果としてダフリやプルボールといったミスショットに繋がりやすくなります。

右脇_開きすぎ_トリミング001

右脇を開きすぎている状態です。リリースのタイミングが早くなりすぎてしまうので、このようなスイングにならないようにしましょう。

3.右脇を適度に締めると得られる2つのメリット

右脇を適度に締めることのメリットは以下の2つです。

  • 飛距離が上がる
  • ボールが真っ直ぐ飛ぶようになる

これらから2つのメリットについて解説していきます。

メリット1 “飛距離が上がる”

飛距離アップには、タメを作ることが必要です。タメは、上半身と下半身の回転差によって生じ、
これが力強いインパクトを引き出します。 きちんとタメが作られているスイングは、右脇が適度に締まった状態になっています。なので、結果的に右脇が適度に締めたスイングができるようになると、タメが作られたスイングになり、飛距離がアップします。

メリット2 “ボールが真っ直ぐとぶようになる”

右脇が適度に締まることで、スイングがインサイドインの軌道になります。また、インパクト時にフェースが正面でボールに当たるようになるので、結果としてボールの軌道がまっすぐになります。スライスに悩んでいる初心者が多いですが、右脇が適度に締めたスイングは、スライス改善策の1つでもあります。

4.適度に締まった右脇をマスターするための3つのポイント

適度に締まった右脇をマスターするポイントは次の3つです。

  • 切り返し時の始動
  • ヘッドとグリップの位置
  • 右肘の角度

この3つのポイントをおさえることで適度に締まった右脇をマスターすることができます。
では、これから3つのポイントについて詳しく説明していきます。

ポイント1 ” 切り返し時、胸は右斜め45度で下半身から先に動かす”

切り返しの時、胸は右斜め45度の状態で、下半身から先に動かすことが重要です。
下半身から先に切り返しを始めることによって、自然と右脇が適度にしまった状態でスイングができるようになります。

胸の向き

胸の向きが右斜め45度になるような形でスイングをするには、ベルトのバックルが斜め45度になるよう意識するといいです。切り返し時に胸の向きが右斜め45度になっていると、インパクト時に胸が正面を向いている状態になるので、ボールが真っ直ぐ飛ぶようになります。

切り返し_ポイント

切り返し時のスタートは、左足の土踏まずで地面を踏み込むところからです。

初心者の方は、上半身から先に動かして手打ちになってしまいがちですが、それは間違ったスイングです。重心移動を伴っていない手打ちだと、飛距離が伸びなかったり、ボールがまっすぐ飛ばない原因になります。

体を動かす順番は、下半身→上半身が正しいです。そうすることで、自然と右脇が適度にしまった状態になり、正しいスイングが身につきます。

ポイント2 ”グリップとヘッドを同時に体の側面に落とすようにスイング”

正しいスイングは、上半身が脱力しています。上半身が脱力した状態をつくるために、切り返し時にグリップとヘッドを同時に体の側面に落とすような感覚でスイングをしましょう。これを意識することで、適度に締まった右脇ができます。

 

上半身が力まないよう意識しても、脱力した状態を作りだすのは難しいと思います。なので、画像のようにグリップとヘッドスイングの位置が同じになるよう意識してスイングをしましょう。

脱力_001_001

ポイント3 ”右ひじの角度を「L字」にキープして下ろす”

バックスイングで作った右肘の角度をキープしながら、ダウンスイングに移行するよう意識して下さい。そうすることで切り返し時に、右肘と脇腹の間に少しの隙間ができ、適度に締まった右脇になります。

右脇_L字

バックスイング時に右肘の角度がL字になるよう意識して、右肘の角度をキープしながらスイングしましょう。

5.正しい右脇の使い方が身に付く練習方法

手の甲で肘を抑えて素振り

適度に締まった右脇を身につける練習方法として、右肘を固定してスイングする練習が有効です。
左手の甲の上に右肘をのせて、スイングをします。4章で紹介した3つのポイントを確認しながら、適度に締まった右脇の感覚をみにつけましょう。

test

左肘を固定したら、右手の甲で左肘に抵抗を与えながらスイングをしましょう。固定した左肘が開かないよう注意して下さい。右脇_練習002-002

最初は素振りで練習して感覚を掴み、慣れてきたら、実際にボールを打つ練習をやってみましょう。

6.まとめ

安定したスイングには、右脇を適度に締めることが重要です。正しい右脇の使い方を身に付けることで、今よりも格段にショットが安定するようになります。今日紹介した適度に右脇を締めるための3つのポイントや練習方法を実践して、少しずつマスターしていきましょう!


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中