グースネックとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

グースネックとは

グースネックとは、ネック(ヘッドとシャフトの結合部)が”がちょう”の首のように曲がっているクラブのことをいいます。「オフセット」とも言われています。

グースネックのクラブは、右利きの場合、クラブのフェースがシャフトよりも右寄り、後方側に接続されています。

goose-neck1.1

テーラーメイド AEROBURNER アイアン |Amazon

このクラブは、重心が後方寄りになる上に、手の動きに対してヘッドが遅れてくる形になるので、ボールの捕まりがよいというメリットがあります。

ただし、コントロール性には欠けるので、弾道を打ち分ける上級者の方などには不向きなクラブになります。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さらに、ゴルフ上達のための動画を無料でプレゼント

ゴルフの学校をご覧いただいたあなたの上達のために、さらに役立つプロゴルファー小原大二郎のゴルフ上達特別動画を無料でプレゼント中です。小原プロは、5,000名を超えるアマチュアゴルファーをレッスン、500名以上のシングルプレーヤーを排出。この動画を見ていただくことで、あなたも簡単に上達することができるでしょう


この動画で学べる3つのポイント

・初心者でも30日で100が切れる丁寧なビデオレッスン
・すぐに家でもできる簡単な練習法
・5分でまっすぐ飛ばせる上達の秘密とは?


この動画レッスンを、あなたの上達に役立てて下さい。


動画はこちらをクリック

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中