重心角とは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

重心角とは

シャフトをテーブルの上などに水平にして置き、ヘッドをテーブルの端から外側に垂らすと、そのクラブによってフェースが上を向く度合いが異なります。この時のシャフトの延長線(垂線)とフェース面とが成す角度のことを「重心角」と言います。

PRGR「GN 502 ドライバー」新発売 |YOKOHAMA

重心角はボールの捕まりを左右する重要な要素です。重心角が大きいとボールが左に飛ぶフックが出やすく、逆に重心角が小さいとボールが右に飛ぶスライスが出やすいとされています。

モデルごとの重心角の差は特にウッドで大きく、一般的に重心角の大きいクラブほどやさしめであると考えられています。


 

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中