グリップスピードとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

グリップスピードとは

グリップスピードとは、フルスイングでインパクトする10cm手前を、クラブヘッドが通過するときのグリップの速度のことです。

この概念はゴルフメーカーであるPRGR(プロギア)が提唱したもので、ヘッドスピードとグリップスピードを併せて「スイングスピード」とする比較的新しい概念です。この考え方でクラブを選べば、より自分に適したクラブを選択できるとされています。

たとえ同じヘッドスピードのゴルファーであっても、グリップスピードには違いがあります。グリップスピードが遅い人は、インパクトの時に手元を締めて、手首を返すことで打つ傾向が高いことから「リストターン型」と呼ばれます。インパクトの瞬間は腕よりも手首を使っているのが特徴です。

グリップスピードが速い人は、手元が動きながらインパクトする傾向が高いです。手首の返しをあまり使わず、腕・身体を使って打つことから「ボディターン型」と呼ばれます。

自分がどちらの型なのかを知れば、より自分に合ったクラブやシャフトを選択できるようになります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中