インタークロスセクション・ポイントとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インタークロスセクション・ポイントとは

インタークロスセクション・ポイントとは、本来ゴルフとは関係のない測量用語で、「横断面がお互いに交わる所」、「平面上の2直線が交わる点」という意味があります。多くの場合、略して「IP」と呼ばれています。

ゴルフ場によっては、ティーインググラウンドから一定の距離(バックティから250y地点という場合が多い)のフェアウェイセンターに、旗が立っていることがあります。これが、IPです。

intercross-section-point1

ゴルフコースの総距離とホールの距離 |マイベストプロ大阪・和歌山

パー4以上のゴルフコースの多くは、ティーインググラウンドからグリーンは一直線上になく、曲がりが出来るように造られています。

パー4の場合、2打目を打ちそうな場所のフェアウェイのセンターを中間地点とし、そこをコースの曲り目とします。そこがIPです。ちなみに、パー5の時には、2打目を打ちそうな場所と2打目を打ちそうな場所をIPとし、2つの曲り目が出来るようにします。

intercross-section-point2

ゴルフコースの総距離とホールの距離 |マイベストプロ大阪・和歌山


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中