クリネックスショットとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クリネックスショットとは

クリネックスショットとは、距離の短いアプローチショットの際、主にサンドウェッジでボールをフワリと上げてグリーンに落とす打ち方のことをいいます。

世界的に使われているティッシュに「クリネックス」があります。英語では、「クリネックス」という商品名がそのまま名詞となって「ティッシュ」よりも「クリネックス」と使われる場合が多いです。

そのことから、ボールをフワリと上げてグリーンに落とす様がティッシュ=クリネックスが落ちる様に似ているため、「クリネックスショット」と呼ばれています。

クリネックスショットとほぼ同じ意味で「ロブショット」があります。この2つは正確な使い分けがされているわけではありませんが、あえて言うのであれば、クリネックスショットはサンドウェッジでのショットの際に使われるのが普通です。ちなみに、クリネックスショットよりも、ロブショットという言い方のほうが一般的です。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中