あなたはやったことある?ライ角調整3つのメリット

raikaku
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ライ角って大事だよね!」とは聞いたことがあるけれど、「どうして大事なの?」と聞かれたら、悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか?そもそも、本当にライ角って大切なのでしょうか…?

ライ角とは、クラブのソールが水平になるように置いた時に、シャフトの中心線と水平な地面とが成す角のことです。この角度が大きくシャフトが立っている状態のことを「アップライト」、角度が小さくシャフトが寝た状態のことを「フラット」といいます。

ライ角調整は、その人のレベルによっては、非常に重要になります。この記事では、ライ角調整はそもそも必要なのか、そして適正なライ角にすることによるメリットは何なのかについてご説明します。

目次

1. ライ角調整って、そもそも必要?

2. 適正なライ角にすることによる3つのメリット
2.1. ボールが狙った所に飛ぶ
2.2. 打感がよくなる
2.3. ミート率が上がる

3. ライ角が適正か調べる方法

4. まとめ

1. ライ角調整って、そもそも必要?

ライ角調整は、上級者の方に特に必要ですが、初級者の方は気にする必要がありません。ライ角とは、ヘッドを地面に水平につけた時に出来る、シャフトの中央線と地面とが成す角度のことです。単に、クラブのソールとシャフトとの角度を指すこともあります。

適正なライ角は、その人の腕の長さや身長だけではなく、アドレスやスイングに合わせて決まるものです。そのため、まだ毎回同じようにスイングをすることができない初心者の方は、自分に適切なライ角を決定することができません。

lie1.1

コブラゴルフ KING F6

また、自分のミスの傾向がまだはっきりしていないという初級者の方も、ライ角の調整は必要ありません。ミスの傾向がはっきりしていないというのは、アドレスやスイングが一定でない可能性が高いからです。

毎回同じようにアドレス・スイングが出来るようになったり、ミスの傾向がはっきりしてきたら、ライ角の調整を検討していきましょう。一般的に、ライ角調整はアイアン、パターでおこない、ウッドやユーティリティではあまりしません。

ライ角を調整することで、自分の身体やスイングに合ったクラブを手に入れることができます。第2章では、ライ角調整のメリットを3つご紹介しますので、参考にしてください。

2. 適正なライ角にすることによる3つのメリット

ライ角を自分にあった角度にすることで、以下の3つのメリットがあります。

  • ボールが狙った所に飛ぶ
  • 打感がよくなる
  • ミート率が上がる

それぞれ説明していきます。

2.1. ボールが狙った所に飛ぶ

ライ角を自分の身体・スイングに合った角度にすることで、ボールを狙った所にしっかり打てるようになります。ライ角が適正でないと、フェースをスクエアにしていたとしても、狙った所にまっすぐ打つことが出来ません。

ライ角は、アドレス時の角度が重要なのではなくて、インパクトの時の角度が重要になります。インパクトの際の角度と、そのときの弾道の特徴は、以下の表のようになります。

インパクト時の角度 名称 弾道
大きい(ヒールが浮く) アップライト フック(左)
小さい(トゥが浮く) フラット スライス(右)

適正なライ角とは、インパクト時にソールが地面にぴったりつくような角度のことです。インパクトの際には、スイング中の遠心力により、トゥ(ヘッドの先端)が下がってしまいます。これを「トゥダウン現象」といいます。ですので、アドレスの際には、トゥを少しだけ浮かせるのが適切です。

インパクトの際にライ角が適正でないと、上の表で表したような弾道になってしまいますので、ライ角を適正にするための調整が必要になります。

2.2. 打感がよくなる

ライ角が適正だと、打感がよくなります。打感というのは、文字の通り「柔らかい」「硬い」などの打った時の感触、手への振動、打音などのことです。

ライ角が適正でない場合、打感が伝わりにくくなってしまいます。打感がよくないと、ヘッドのどこでインパクトをしているのか、どんなショットであったのかを認識することができません。

また、打感は精神的にも影響します。打った時に打感がよければ、当然モチベーションは上がります。「ゴルフのミスの8割は、メンタルに起因する」とも言われるほど、ゴルフではメンタルが重要ですので、精神的にも打感は大切です。

2.3. ミート率が上がる

ライ角を適切に調整すると、ミート率が上がる可能性があります。

ライ角が適正でないと、インパクトの際に、ボールをスイートスポット(フェースの中央)で捉えにくくなってしまいます。アップライトだとトゥ側で、フラットだとヒール側でボールを打ってしまう傾向が強いです。

もしボールをスイートスポットで打つことができなければ、しっかり芯で打てた時に比べて飛距離は落ちます。そうすると、ミート率が下がってしまいますよね。

■ミート率とは■

(ミート率)=(ボール初速)÷(ヘッドスピード)

ミート率は、いかにヘッドスピードを落とさずに、ボールに力を与えることが出来たかを示す値。この値が高いほど効率的にボールを打てており、スイングが安定しているということになる。ちなみに、7Iでのアマチュアのミート率標準値は、1.25~1.29。

どんなにヘッドスピードが速かったとしても、しっかりボールにヘッドを当てて、スイングの力をボールに伝えなければ意味がありませんよね。そのため、ミート率は飛距離を伸ばす上で重要な要素になります。

3. ライ角が適正か調べる方法

そもそもあなたにライ角調整は必要なのでしょうか?まずは、ライ角が適正なのかどうかチェックしてみましょう。チェックする方法には、以下の5つがあります。

①ソールに紙テープを貼って擦れ具合をチェックする
②ソールをマジックで色付けして擦れ具合をチェックする
③ソールの傷をチェックする
④ディボット跡が長方形になっているかチェックする
⑤ショップでチェックしてもらう

①と②は、擦れ具合からライ角が適正かどうかをチェックする方法です。ライ角が適正なのであれば、擦れがトゥからヒールに渡って、左右対称になっているはずです。ライ角が適正でなければ、どちらかが偏って擦れています。

check1&2

テーラーメイド AEROBURNER |Amazon

③は、使い込んだクラブをチェックするときに有効です。そのクラブのソールの傷が、トゥからヒールに渡って全体的についていれば、ライ角は適正だと考えられます。

④は、ある程度実力のある方がチェックする際に有効です。コースに出た時に、自分のディボット跡が長方形に、しっかりソールの幅になっているのであれば、ライ角は適正です。もし中途半端なディボット跡になっていたら、ライ角は適正ではありません。

⑤は、一番正確なチェック方法です。ショップに行けば、ライ角が適正化だけではなく、自分に適性なライ角を教えてもらうことが出来ます。ショップにもよりますが、診断だけなら無料という所も多いようです。

lie-measurement-adjustment

Golf-Mechanix 高精度ロフト&ライ角測定器 |Amazon
Golf-Mechanix プロショップ仕様II ロフト&ライ角調整工具 |Amazon

ライ角が適正でないことが分かったら、調整はショップで行いましょう。調整は5~600円あたりが多いようです。ライ角調整は技術が必要になるので、腕が高く信頼のおけるショップに依頼するようにしましょう。もしそうしたショップが分からなければ、ネットなどで評判のよいショップを探して下さい。

技術の乏しいショップにライ角調整を依頼して、失敗してしまったという方も少なくないようです。そうした方の中には、「もう気持ち悪くて使えない」と、クラブを捨てることになってしまった方もいます。それだけライ角は、その人のスイングに影響するものなので、ショップ選びには注意しましょう。

4. まとめ

初級者のうちはあまり気になりませんが、レベルが上がるに連れて気になり出すのが、「ライ角」です。

これまで適正ではないライ角のクラブを使っていた方が、適正なライ角のクラブを使うと、その違いははっきり出ます。イメージした通りの弾道で打てるようになり、当たりや打感がよくなったというゴルファーの方も多くいます。

スイングが定着してきた中上級者の方は、まずは第3章でご紹介した方法で、あなたがお持ちのクラブが本当に適切なライ角なのか、確認してみてください。もし、適切なライ角ではなかったら、信頼できるショップに持って行って調整してもらいましょう。そうすれば、あなたのショットがよりよいものになるはずです。


pc_cta_bnr_a

過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中