動いた球とは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動いた球とは

ゴルフ規則では「球が動いた」、「動いた球」などという文言が使われていますが、「ボールが動く」の基準は、「ボールと地面とが接している部分が変わること」です。

たとえボールが揺れたとしても、ボールの接地している部分が変わらなければ、動いたとはみなされません。

ただし、ラフなどで、ほんの僅かでも沈んで高さが変わったら、接地している部分が変化するので、これはボールが動いたとみなされます。

インプレーのボールを動かすと1打罰を加え、ボールを元の位置に戻してプレーしなければなりません。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中