ノーコック打法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ノーコック打法とは

ノーコック打法とは、バックスイングの際にコックをしないで、トップまで上げる打ち方をいいます。

スイングの際には、バックスイングの際に左手の手首を親指側に折る「コック」をして、ダウンスイングの際に手首を戻す「アンコック」をするのが普通です。こうすることで、ヘッドスピードを上げ、飛距離アップすることが出来ます。

これに対して、あえてコックをしないのが「ノーコック打法」です。当然飛距離は落ちてしまいますが、手首を動かさないのでショット時のブレが小さくなり、方向性が安定します。


 
pc_cta_bnr_a

   
ゴルフを練習しても
一向に上達しない人の特徴
ゴルフの学校_ザ・ビジネスゾーン