ノータッチとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ノータッチとは

ノータッチとは、ボールに触れずにプレーすることをいいます。

ゴルフでは、救済やマークなどをする場合を除いて、プレー中(ティーからグリーンまで)はボールに触れないことが大原則となります。正式なプロの競技などでは、ノータッチが原則です。

しかし、アマチュアの競技の場合にはこの原則に反して、スルーザグリーンの範囲内では、6インチ以内でホールに近づかなければ、ボールを持ち上げて移動させることが出来るという「スルーザグリーン6インチプレース」が適用されることがあります。

これを適用せず、ゴルフの原則通りにボールに触れずにプレーすることを、「ノータッチプレー」といいます。

なお、ゴルフ規則でも、「球はあるがままの状態(Ball Played as It Lies)」でプレーされなければならないと書かれています。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中