OK(オーケイ)とは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

OK(オーケイ)とは

OKとは、もう次のショットでは絶対に外さないくらいにカップの近くまで寄せたとき、同伴競技者が「OK!」と言えば、総打数に1打追加して、入ったことにしてしまうというルールです。「OKルール」「OKパット」とも呼ばれます。

これは、スロープレーを防ぐためのルールですが、正式なルールではありません。マッチプレーを除いた公式競技では使われませんが、非公式競技の接待ゴルフやゴルフコンペで使われることが多いです。

OKは正式なルールではないので、どの距離まで近づいたらOKになるかが決まっているわけではありません。ですが、多くの場合、カップまでワングリップ(クラブのグリップ1本分)以内の長さまで近づいたら、OKとなる場合が多いようです。

ゴルフの「OKパット」で困ったことない? |マイベストプロ大阪・和歌山

また、OKはルールで決まっているわけではありませんがマナーがあり、自分から「OK」と言ったり、同伴者に「OKでいいですか?」と聞くのはマナーに反します。もし、同伴者に「OKです」と言われた場合は、お礼を述べてからボールを拾い上げましょう。

ちなみに、OKはマッチプレーでの正式な名称だと「コンシード(concede)」といい、英語では「OK」ではなく「give」や「good」と呼ばれます。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中