【図解】すぐにできる!正しいゴルフスイング軌道を作る方法

ゴルフスイング_軌道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ボールの芯を打つには、打つときにどこから入ってどこに逃げていけばいいのか?を考えてしまいますよね?クラブヘッドの軌道は、どのようなラインを描くのが正しいのかを知り、実際に再現できれば、ボールは真っ直ぐ飛んでいきます。打数を減らすために、ここで正しいスイング軌道と、その身につけ方を理解して、習得しましょう。

目次

1. 正しいスイング軌道「インサイドイン」

2. ミスが出やすい2つの軌道とその原因
2.1. アウトサイドインでスライスしてしまう
2.2. インサイドアウトによってフックが出る

3. 正しいスイング軌道にする3つのポイントとその練習
3.1. 最重要!インパクトとスイングで抑えておくべきポイント3つ
3.2. 並べたボールに当たらないように打つ練習をする

4. ドライバーとアイアンが交互に調子が悪くなる理由とその対策
4.1. ドライバーの調子が良く、アイアンが悪い時のコツ
4.2. アイアンの調子が良く、ドライバーが悪い時のコツ

5. まとめ

1. 正しいスイング軌道「インサイドイン」

正しいスイング軌道とは、「インサイドイン」と呼ばれる軌道のことです。名前の通り、内側から入って内側にでていくこのような軌道です。
インサイドイン軌道

2. ミスが出やすい2つの軌道とその原因

ミスが出やすい軌道は、さきほどの「インサイドイン」に対して「アウトサイドイン」軌道と「インサイドアウト」軌道の2種類です。ここでは、この2つの軌道になってしまう原因をご紹介していきます。『3. 正しいスイング軌道にする3つのポイントとその練習』では2つの軌道への対策法もご紹介しますので、まずは原因を抑えていきましょう。
軌道まとめ

2.1. アウトサイドインでスライスしてしまう

アウトサイドインの軌道は体の外側から入って、ヒットした後、体の内側に逃げていく軌道です。原因は大きく3つあります。

  • バックスイングでの肩の回転不足
  • ダウンスイングで上半身リードになっていること
  • ダウンスイング~インパクトで右重心になっていること

上半身リード_t

2.2. インサイドアウトによってフックが出る

インサイドアウトと軌道とは、体の内側から入って、ヒットした後に体の外側へ逃げていく軌道です。フックになりやすいです。基本的に真っ直ぐ飛ばない、ミスヒットが出がちな軌道ですが、どうしてもスライスが直らないという人は、この軌道を心がけると直ることがあります。このインサイドアウトの軌道になる原因は、大きく3つです。

  • バックスイングで肩が回転しすぎていること
  • ダウンスイングで軸が右へ傾いていること
  • ダウンスイング~インパクトで左外重心になっていること

インサイドアウト_t

3. 正しいスイング軌道にする3つのポイントとその練習

正しいインサイドイン軌道にする方法と練習法をご紹介します。『2.ミスが出やすい2つの軌道とその原因』でミスヒットが出やすい軌道2つと、それぞれの原因を見てみました。これから紹介する、インサイドイン軌道にする方法と練習法を習得していくと、間違った軌道の原因が同時に潰されることになります。以下の、インサイドイン軌道になる方法を試してみてください。

3.1. 最重要!インパクトとスイングで抑えておくべきポイント3つ

インサイドイン軌道でインパクトするために抑えておくべき3つのポイントを紹介します。

前傾角度を維持してスイングする

前傾角度をアドレス時、インパクト時で変わらないように意識してください。

前傾角度とは、アドレスで出来た背骨の傾きの事をいいます。この前傾角度が、アドレス時とインパクト時で変わらない事で、身体の軸が固定され、インパクトでのスイング軌道を安定させます。

胸の向きはターゲットラインに正対にする

胸の向きはターゲットラインに反対するようにしましょう。反対することによって、股関節の位置が適正になり、理想的な肩の向き、回転から、まっすぐ振り出せるようになります。

ハーフウェイダウンの徹底

インパクトに入る前の段階から、ハーフウェイダウンを心がけ、正しい軌道を意識しましょう。

先ほど、インパクトを正しくする軌道を紹介しました。しかし、インパクトの正しさだけで、軌道を正しくしようとするのは難しいです。インパクトに入る前も、正しい軌道であれるよう、ハーフウェイダウンで正しい姿勢であるようにする必要があります。

ハーフウェイダウンとは、「ダウンスイングの半分ほどの位置」のことです。
ハーフウェイダウン
このハーフウェイダウンからインパクトまでの軌道を正しくするには、

  • 手元は右腰の前
  • 重心の位置は左の土踏まずに乗っている。
  • フェースの向きは11時。12時~10時が許容範囲。
  • 胸の向きは斜め45度に右を向いた状態
  • シャフトの位置ターゲットラインに対して平行

の5点を心がけてハーフウェイダウンで正しい体勢であるようにしてください。それができれば、インパクトでインサイドイン軌道にすることはそれほど難しくはないでしょう。

3.2. 並べたボールに当たらないように打つ練習をする

正しいスイング軌道になる、3つの並べたボールの練習法をご紹介します。

下の動画のように、ボールを3つを用意して、手前のボールが、右足(左打ちの方は左足)に来るように置き、奥側は左足の位置に、その真ん中に打つボールを置き、斜めになるよう配置して、真ん中のボールを打つ練習をしましょう。

インサイドアウトな軌道になっていると、手前のボールや、奥のボールを打ってしまうので、間違ったスイングをしている場合、把握しやすく、矯正しやすい練習法です。

動画でチェックしよう

4. ドライバーとアイアンが交互に調子が悪くなる理由とその対策

ドライバーとアイアンの調子の違いは、ボールを見る位置によって変わっています。

「ドライバーは調子がいいけど、アイアンは調子が悪い。」というケースがよくありますが、これは、地面にあるボールに対してアイアンで打っていく際と、ティーアップしているボールに対してドライバーで打っていく際の”ボールを見る位置の違い”によって、”ボールに対してのクラブの入斜角の違い”が生まれるために起こります。

ここでは、”ボールを見る位置の違い”と”ボールに対してのクラブの入斜角の違い”を理解して、ドライバーとアイアンで分けながら調子を整えるコツについて取り上げていきます。

4.1. ドライバーの調子が良く、アイアンが悪い時のコツ

ドライバーの調子が良く、アイアンが悪い現象は、クラブが少し下側から入っているので、ボールを見る位置を、真上から、少し左側面に変えて改善しましょう。

ボールを見る位置を、左側面に変えることでクラブが下から入ってくる事なく、ボールに対して上から入ってくる軌道になってくるので、入斜角が合ってきます。

4.2. アイアンの調子が良く、ドライバーが悪い時のコツ

アイアンが上からの軌道で、調子が良いが、ドライバーも上から入ってしまうという場合は、ボールを真上から見てしまっている傾向にあるので、ドライバーで打つ時のボールを見る位置を、真上ではなく、少し右側面を見ていくようにしましょう。

ボールを見る位置を右側面に変えることによって、入斜角が上から来過ぎることなく、横から払っていくような軌道になりやすくなります。

5. まとめ

正しいスイング軌道で打てずにプレーをしても、まっすぐ飛ばないので、飛距離は伸びず、狙った地点へボールを運べず、スコアの向上が難しくなります。

ここでご紹介した、ポイントと練習法を日頃のプレーや練習に取り入れて、まっすぐ飛ばせるようになりましょう!


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中