オーバースイングとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オーバースイングとは

オーバースイングとは、スイングがトップに向かうときに、必要以上に大きく振りかぶってしまうことをいいます。

一般的に、トップでシャフトが地面と平行になるスイングが良いとされていますが、オーバースイングでは、シャフトが地面と平行になるよりも行き過ぎて、ヘッドが下がります。極端な場合、トップスイングの時に、自分のクラブのヘッドが自分で見えるくらいにまでヘッドを下げる人もいます。

オンプレーンでスコアアップ! |GDOギア情報

オーバースイングは、良くないスイングであると言われていますが、あえてこのスイングをして成果を出しているプロゴルファーもいます。ですが、それは練習を積み重ねたプロゴルファーであるからこそなので、アマチュアの方がオーバースイングでスコアを伸ばすのは難しいです。

オーバースイングの原因は、身体のどこかに緩みがあることにあります。下半身が安定しておらず、上半身とともに下半身も大きく回ってしまう人は、オーバースイングになりやすいです。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中