オーバーラッピンググリップとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オーバーラッピンググリップとは

オーバーラッピンググリップとは、右利きの場合、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に重ねるクラブの握り方です。「バードン・グリップ」とも言います。

オーバーラッピンググリップは、最も一般的な握り方で、プロゴルファーの多くも、この握り方を採用しています。

overlapping-grip1

オーバーラッピングのメリットは、右利きの方の場合、利き腕となる右手の力を抑えることができるので、インパクトまでに力が分散しない、左手主導のスイングがしやすいという点です。また、左サイドのタメを作ることが出来るため、飛距離が出やすいというのもメリットです。

ただし、筋力のない女性の方やご年配の方は、右手の力が制限されることになるので、逆に飛距離を落としてしまったり、コントロールが難しくなる可能性があります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中