パーシモンとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーシモンとは

現在では、ウッドヘッドは金属や複合材で作られていることが普通です。しかし、かつては「パーシモン(柿の木)」でウッドのヘッドが作られていました。

パーシモンは、強く割れにくく、さらに入手が比較的容易であったことから、1890年ころからウッドヘッドの素材として使われ始めました。しかし、金属製のヘッドが登場したことにより、今ではパーシモンのウッドは見られなくなりました。

persimmon2.1

HONMA ヒロホンマ BIG-LB GET(5W) |楽天市場


 
pc_cta_bnr_a

   
ゴルフを練習しても
一向に上達しない人の特徴
ゴルフの学校_ザ・ビジネスゾーン