誤所からのプレーとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誤所からのプレーとは

ルールに従わず、正しい場所からプレーしなかった場合には、「誤所からのプレー」とみなされ罰を受けることになります。

誤所からのプレーになる主な原因は、

  • 救済などを受けた時に、誤った場所にプレースもしくはドロップしてしまった
  • 救済を受けることが出来ないのに、勝手に動かしてプレーした
  • グリーンでボールを拾い上げた時に、誤って他の人のマーカーにリプレースした
  • あるがままでプレーすべきところを、勝手に動かした

以上の場合が考えられます。

誤所からのプレーをしてしまったら、ストロークプレーの場合には、2打罰を受けてそのままプレーを続行します。ボールを本来の位置に戻して再度打ち直す必要はありません。マッチプレーの際には、そのホールの負けとなります。

ただし、本来の場所よりも大幅にホールに近い場合など、著しくプレイヤーにとって有利になる場合には「重大な違反」とみなされ、2打罰を加えてボールを本来の場所からプレーしなければなりません。重大な違反であったのにもかかわらず、正しく訂正せずに次のホールのティショットを打ってしまった場合には、競技失格となります。

重大な違反かどうか定かでないときには、競技委員に裁定を仰ぎましょう。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中