もう3パットしない!パターの正しい握り方とグリップの選び方

20150609072623-(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフのテレビ中継を見ていて、「なんだか、色々な握り方があるなあ」と疑問に感じたことはありませんか?

また、雑誌などでは、「太いグリップがオススメ!」と言った沢山の商品広告が見られますが、どうやってグリップを選んだらいいか迷ったことはないでしょうか。

そこで、このページでは、ゴルフのパターの握りの基本と、基本でうまくいかない方への応用をお教えしていきます。また、太グリップと言ったパターの部品としての「グリップ」の選び方についてもご説明していきます。

握りが悪いとパターのストロークを崩す原因にもなります。プロゴルファーでもラウンドごとにパターや握りを変えるなどフィーリングに頼りがちで、選びづらいパターの握りについてこのページでは解説していきます。

目次

1. パターの握り方を基本からマスター!
1.1. パターの基本的な握り方とは?
1.2. パターが苦手な人への応用グリップ

2. パターグリップを選ぶ4つのポイント
2.1. グリップの太さはヘッドの形に合わせる
2.2. ボールが右に出るならノンテーパーがオススメ
2.3. 汗っかきはコードグリップを選ぶ
2.4. 大手パターグリップブランド5社から店頭で試打して選ぶ

まとめ

1. パターの握り方を基本からマスター!

パターにも基本のグリップがあります。初心者の方はこちらをまずは試してください。それが、オーバーラッピンググリップという方法です。

1.1. パターの基本的な握り方とは?

逆オーバーラッピンググリップ
1

逆オーバーラッピンググリップを身につけるための5ステップを画像付きでご紹介します。

(1)上の部分が平らになっているので、ここに両手の親指を乗せて握る

1-1

(2)左手の人差し指を伸ばす

2-1

(3)両手を密着させる

3-1

(4)左手の人差し指を置く

4-1

パターは色々な握り方をしてもOKと言われています。しかし、基本に立ち返りたい、どう握ればいいのかわからない、という方はこの逆オーバーラッピンググリップに立ち戻り、練習をするようにして下さい。

また、グリップの時の握りの強さがわからないという方がよくいらっしゃいますが、全力で握るのが10だとしたら、だいたい3~4割の強さで握るようにして下さい。また、打感を生かすために、グローブはしないで打つのがいいでしょう。

1.2. パターが苦手な人への応用グリップ

逆オーバーラッピンググリップをしていてうまくいかないという人は、これから紹介する新しいグリップ法を試してみてください。

プロゴルファーは特に、パターが重要になり試行錯誤する時間が多いため、様々なパターグリップの方がいらっしゃいます。逆オーバーラッピンググリップは基本ではありますが、合わなければ自分にあったパターグリップを試して探していくことも上達の近道でしょう。

“3ステップでオーバーラッピンググリップをチェック”

  • まずは、オーバーラッピンググリップでボールを3球打ってみてください
  • 3球を同じような位置でボールを止められるか確認して下さい
  • もし、打ちづらい感じがするようであれば、これから紹介するグリップのどちらかをチャレンジしてみてください

クロスハンドグリップ
先ほどのオーバーラッピングの握りを左手、右手を逆にするグリップ法です。右手が使いづらくなり、左手のフォローでボールを打つようなイメージでパッティング出来るようになります。右手を使いすぎる方に有効です。脱力して打てるようになります。

クロウグリップ
show_img

かなり特殊な握り方です。右手はペンを握るようにグリップします。こちらも右手の使いすぎを防止することができるようになり、オーバーラッピンググリップでうまくいかない方には効果的なグリップになります。

2. パターグリップを選ぶ4つのポイント

握り方も重要ですが、握った時の感覚はストロークに大きな影響を与えます。例えば、グリップを変えるだけで、カップインの可能性が2倍になる人もいるくらいです。世の中には多数のグリップブランドとモデルがあり、どれを選んだらいいかわからない方も多いと思います。

そのため4つのポイントに分けてご紹介していきます。

2.1. グリップの太さはヘッドの形に合わせる

パターグリップを選ぶときは、あなたのパターヘッド、スイングタイプに合っているかを確認して選ぶようにしましょう。パターグリップはそれぞれ太さが違います。各メーカーによっても太さはまばらですので、握って確かめるのが一番です。

太さは太めタイプ、普通タイプの2つに分かれますが、それぞれタイプ別にあうヘッド、あわないヘッドがありますので、注意してください。

日本語表記 英語表記 SuperStroke規準 合うパター形状
細め SLIM ピン型に合う
普通 MID 1.0 一般的にどのヘッドにも合う
太め JUMBO 2.0~5.0 大型マレット、マレット型

太いグリップというのは、重量が重くなるのと、大きい分、手の力が使いづらくなるため、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すマレットタイプに合っている形状です。逆に細いグリップは、軽いので振りやすく、フィーリングを感じやすくて、握りやすいため、ピン型にマッチしています。

SuperStrokeのUltraSlim1.0はSuperStrokeの中では最も細いのですが、業界としては細めには分類されませんので注意してください。

2.2. ボールが右に出るならノンテーパーがオススメ

SuperStrokeを始めとして人気がでたのがノンテーパー形状というパターです。
ボールが右に出るならば、このノンテーパー形状の形のグリップを試して下さい。右手の無駄な動きを抑えてボールを真っ直ぐ打ちやすくなるでしょう。

テーパー形状

0000418844_p01_01
パターグリップのほとんどの形はこの、テーパー形状と言われる徐々に細くなっていく形状です。

ノンテーパー形状

superstroke-mid-slim-2-0-putter-grip-88
SuperStroke社が独自特許を取得して開発したグリップ全体が平坦になったグリップです。
ノンテーパー形状は細くならずに平坦な形状です。この形はSuperStroke社が開発しました。

2.3. 汗っかきはコードグリップを選ぶ

パターグリップの感覚は、汗っかきの方はコードグリップ、そうでない方は普通のラバーグリップを選ぶといいでしょう。女性の方など手が柔らかめの方は、柔らかいグリップを選択するとよいです。

コードグリップとは、糸が織り込んである硬めのグリップで摩擦力があり、雨の日も滑りづらいことが特徴です。パターのグリップは、距離感を出すために繊細なタッチを要求されるため、自分の手に馴染むものを選ぶことが大切です。

例えば、打った時に嫌な感覚がするグリップや、グリップが効きすぎてベタベタしたり、あっさりとしすぎて手になじまないものもよくありません。

コードグリップ コード無しグリップ 革グリップ
構造 ゴムに糸が練り込んである ゴムのみ 革製
グリップ力 高い 普通 低い
硬さ 硬め 普通 柔らかい
耐久性 高い 普通 高い
オススメ 手に汗をかきやすい方 どんな方にも 手が乾燥する方

2.4. 大手パターグリップブランド5社から店頭で試打して選ぶ

パターグリップも店頭にサンプルが置いてあったり、様々なグリップがさしてある試打パターが店頭にはありますので、グリップを選ぶ参考に必ず握って判断するようにしましょう。

また、ここに5社まとめたのが大手のパターグリップブランドです。有名プロの使用実績があり、手に入りやすく、常に新作も発表されているためオススメです。

-ウィン(winn)

winnprox1-6-allcolors_b2dd027e-8b64-4a1d-b69f-cb45b1732841
winnは、パターグリップで有名なメーカーです。合成ゴムの新素材を強調した新しいデザインと感触のグリップを開発して人気を博しています。

-スーパーストローク(SuperStroke)

slim_all_lr_wbg_121010a_1024x1024
この数年で急速に有名になり、近年PGAツアーでも使用実績を急激に伸ばしているパターグリップブランドです。独特の形状と独自特許、太いグリップも注目を浴びています。

-オデッセイ(odyssey)

odyssey jumbo grip
世界6大ツアー使用率1位のパターブランドです。同時にグリップも発売しており、シェアを誇っています。バリエーションも多く、様々なタイプのグリップを発売しています。

-イオミック(Iomic)

putter_allcolors_1_368ad6f2-d101-4e85-a3d4-efab7b48bc3b
2015年シーズンでも国内外使用選手が18勝を超えている有名パターブランドです。吸い付くようなグリップ感が特徴のものが多いです。

-ゴルフプライド(Golfpride)

グリップ最大手ブランドです。パターグリップはアイアン、ウッド用のグリップ程有名ではありませんが、標準的で高機能なグリップが手に入ります。
playersblk

まとめ

パターには、通常のショット以上に繊細なタッチが要求されます。

そのため、グリップの握り方、グリップの素材によってもフィーリングが大きく変わってくるでしょう。基本の方法でうまくいかない方は、クロウグリップなどの特殊な握り方を試すだけでもボールの転がりの変化を感じられます。

グリップからパッティングを安定させてスコアアップに繋げられるようにしましょう。


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中