クォータースイングとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クォータースイングとは

クォータースイングとは、「スリークォーター」というスイングの方法の略称です。

スリークォーターとは「4分の3」ということを意味しており、普段のスイングを1だとすると、その4分の3の大きさのスイングで打つということをクォータースイングといいます。

クォータスイングの方法は人それぞれですが、最も一般的なのはトップの大きさを小さくするという方法です。フルスイングの時は、トップの際にゴルフクラブが地面と平行になるようにしますが、クォータースイングの時にはトップを肩のあたりまでに抑えます。

このスイングは、番手と番手の中間の距離を打ちたい時に便利です。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さらに、ゴルフ上達のための動画を無料でプレゼント

ゴルフの学校をご覧いただいたあなたの上達のために、さらに役立つプロゴルファー小原大二郎のゴルフ上達特別動画を無料でプレゼント中です。小原プロは、5,000名を超えるアマチュアゴルファーをレッスン、500名以上のシングルプレーヤーを排出。この動画を見ていただくことで、あなたも簡単に上達することができるでしょう


この動画で学べる3つのポイント

・初心者でも30日で100が切れる丁寧なビデオレッスン
・すぐに家でもできる簡単な練習法
・5分でまっすぐ飛ばせる上達の秘密とは?


この動画レッスンを、あなたの上達に役立てて下さい。


動画はこちらをクリック

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中