飛距離アップ!ゴルフスイングの右肘の動きと練習法

右肘キャッチ画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「バックスイングで右肘はどこを向いて入ればいいの?」「トップでは右肘はどの位置にあるのが正解なの?」「右肘は右脇腹にくっつけろっていうけど、どのタイミングで当てればいいの?」、、、右肘の向き、位置、動かすタイミングで迷っている方は多いようです。

しかし、ゴルフのスイングは、基本的に左手がリードするものなので、右手についてはあまり説明がないかもしれません。

このページでは、上のような右肘の疑問を徹底解説して解消し、あなたのスイングを効率的にスムーズなものにします。ここを読めば軌道がズレてミスショットを連発させることもなくなりますし、飛距離もアップできるでしょう。

<目次>

1. 右肘を正しく動かせば飛距離がアップ!
2. アドレス~インパクトの右肘の動き
3. 右肘は右脇腹につかない
4. 右肘の開きをタイミング良くして飛距離アップする練習
5. まとめ

1.右肘を正しく動かせば飛距離がアップ!

スイング中、右肘を正しく使えるようになるとあなたに出せるだけの飛距離を出し切ることができるようになります。

理由は、トップからダウンスイングへの切り替えの場面にあります。後に説明しますが、切り替えしは右肘から始動させます。そこが遠心力に大きく影響してくるからです。

遠心力が大きければ飛距離は伸びます。だから遠心力を生む右肘の動きは、飛距離のカギを握ることになります。

また、右肘を正しく動かすことによって、アウトサイドイン軌道の修正にもなります。ですから、スライスの矯正にもなるということです。

2. アドレス~インパクトの右肘の動き

アドレスではゆとりをもって

chart1
アドレスでは右肘はピンと伸ばさずに、若干曲がるような状態にします。曲げすぎず「ゆとりがある」くらいの程度にしましょう。

肘の内側は上に向けてください。

テークバックでは右肘を支点にする

chart2
テークバックでは、右肘を支点にして右肘から右手までをトップまで持って行きます。

右肘は、アドレス時からあまり動かさないようにします。右脇はほぼ締めたままです。ここで言われる「右脇を締める」は、ギュッと締めるという意味ではなく、軽く締める程度です。アドレス時の体と肘の距離がほぼ保てていれば充分です。

テークバックからトップまでは、右肘が下を向いているようにしてください。右肘が真後ろや右を向いてしまうと、軌道がずれるので注意してください。

右肘

ダウンスイングでは右肘主導

chart3
右肘の動きで、ここが最も重要なところです。ダウンスイングでは下半身始動だと言われますが、上半身は右肘始動です。

右前腕から動いたり、右手首から動くと、クラブはヘッドから動いてしまいがちになります。そうすると遠心力が足りなくなって飛距離が出なかったり、軌道がブレてミスショットの原因になったりします。

インパクトでは曲がっている状態で

chart4
インパクトで右肘をピンと伸ばしていると、クラブヘッドがアドレス時からブレやすくなり、ダフリやトップが出てしまいます。

また、クラブヘッドが降りきってない時に右肘を伸ばすと、アウト軌道に出やすくなり、アウトサイドインやインサイドアウトになりやすくなります。

フォローで始めて右肘は伸びる

chart5

フォローで始めて右肘は伸びます。このタイミングで右肘を伸ばすことで、ヘッドスピードを最大に伝えやすくなります。

右肘 フォロー

大きくハイフィニッシュ

chart6

フィニッシュでは、右肘は特に気にする必要はありません。しかし強いて言うなら、大きくハイフィニッシュに振り切ることを意識するとボールが上がりやすくなるでしょう。

3. 右肘は右脇腹につかない

ゴルフスイングでの右肘と聞くと「右肘は右脇腹につける」と聞いたことのある方もいらっしゃるかと思います。しかし、結論から言うと、私は右脇腹に右肘をつけようとしなくて構わないと考えています。

確かに、スイングの癖によっては「右肘を右脇腹にぶつけるような『イメージで』スイングしてください」と指導することもあり得るかもしれません。しかし、だからと言って一般的に広くオススメできる方法ではありません。

いずれにせよ私が覚えておいて欲しいことは、「右肘は右脇腹につけろ」「つけるな」ということではなくもっと別のことです。「スイングの一つの部分を意識しすぎないこと」です。

ビジネスゾーンをしっかり練習して、スイングを全体を一連の流れとして体に覚えさせることが最重要です。これだけは忘れないようにしてください。

4. 右肘の開きをタイミング良くして飛距離アップする練習

フルスイングをするとタイミングがずれて飛ばせない、という方には右肘の動きを正すこの練習法をオススメします。

20cmくらいのボール(大きすぎても小さすぎてもダメです)を両肘の間に挟みます。両肘の三角形の中にボールを入れるような状態です。そのボールを挟んだまま、スイングします。

右肘ボール

これは、ベストなタイミングで左肘を開き、飛距離アップするための練習方法です。右肘を開く(右腕を伸ばす)タイミングが良くないと、クラブのスピードが落ちてボールが飛ばなくなるので、この方法でタイミングを上手くとれるように練習しましょう。

オーソドックスな練習法なので、やったことがある方もいらっしゃるかもしれません。しかし、多くの人が見落としている大事なポイントがあります。

それは、力を入れて、ボールを潰しすぎないことです。

ボールを潰しすぎると、肩に力が入って内側から打ち出してしまい、インサイドアウトの軌道になります。ボールには、支える程度の力を入れるようにしましょう。

5. まとめ

スイング全体で見ると、基本的に左主導なので、右肘で意識することはそれほど多くはありません。しかし、バックスイングからインパクトまでの間は、右肘を正しく動かせなければ軌道をずらしたりしてしまうので注意しなければなりません。


pc_cta_bnr_a

過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中