サンドウェッジ(SW)とは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サンドウェッジ(SW)とは

サンドウェッジとは、主にバンカーでの使用を目的としたクラブのことです。「sand(砂)」から、このように呼ばれています。略して「SW」と呼ばれ、クラブのソールには「SW」か「S」と書かれています。

ウェッジには、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジがあり、それぞれロフト角の大きさに違いがあります。SWは最もロフト角が大きいウェッジで、大体56°前後が一般的です。

sw1.1

FOURTEEN C030 ウェッジ |Amazon

SWはロフト角が大きいため、ボールを上げやすいという利点があります。そのため、バンカーや深いラフからのショットに適したクラブです。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中