ゴルフが上達!オープンスタンスを取るべき3つの場面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんは普段、どんなスタンスを取っていますか?状況や場面によってスタンスを使い分けているという方もいれば、いつもスクエアスタンスで打っているという方もいるかと思います。

ですが、状況に応じてスタンスを使い分けていくことで、さらにゴルフのレベルを上げることが出来ます。

スタンスには、一般的なスタンスであるスクエアスタンス以外に、オープンスタンスとクローズスタンスがありますが、この記事ではオープンスタンスについてご説明します。オープンスタンスとは、スタンスラインがターゲットラインよりも左向きになるようにスタンスを取ることを言います。

状況に応じて正しいオープンスタンスをとって、もっと楽にプレーしていきましょう。

「ゴルフの学校」読者が選んだ
いま人気のレッスン本はこちら!

ゴルフ界で異例の15万部のベストセラー!

ゴルフを思いのまま上達させる
「ビジネスゾーン」を完全解説!

→「ザ・ビジネスゾーン」はこちらから

アプローチを2パット圏内に寄せ、
いとも簡単にスコアを10縮める方法を伝授!

→「アプローチ勝ち組宣言」はこちらから

現実的に30パットが切れる秘密を大公開!

名手、青木功プロが実践した
スコアを縮めるパッティングを完全ガイド!

→「小原大二郎のライン・パッティング」はこちらから

目次

1. オープンスタンスをとるメリット

2. オープンスタンスの方が楽に打てる3つの場面
2.1. 100yを切るアプローチショット
2.2. バンカーからの脱出
2.3. つま先が上がるような傾斜地

3. オープンスタンスをとるときに注意する3つのポイント
3.1. 肩と太もものラインにも注目
3.2. スタンス幅は自分の一番立ちやすい幅にする
3.3. ボールは最下点にこない

4. オープンスタンスでありがちな間違い2選
4.1. 足だけをオープンにしてしまう
4.2. フェースを調整しないまま打ってしまう

5. まとめ

1. オープンスタンスをとるメリット

オープンスタンスと、その対になるクローズスタンス、それぞれのメリットを確かめてみましょう。まずは、オープンスタンスの主なメリットをご覧ください。
オープン3-1

メリット 効果
ボールのつかまりを軽減 つかまりすぎて左に飛んでいきがちな人は、これで改善できる
自分の身体の前の空間が広がる ターゲットラインより手前側を広く使えるので、詰まるようなスイングをしがちな人はそれを解消できる・様々な球を打ち分けられる
下半身がリードしやすい パワーがしっかりボールに伝わる
軌道がアウトサイドインになる フェードを打ちやすい・フックの改善につながる
飛距離を落とせる 番手に間があって飛距離を落とす必要があるときは、これで調整できる
バックスイングが小さくなる 安定性と正確性が高まる
ダウンブローで打ちやすい スピンが効いてボールを止められる

以上が、オープンスタンスで打つことによる主なメリットです。

続いて、クローズスタンスの主なメリットをご紹介します。
SONY DSC

 メリット 効果 
インパクトのときにも、左足から力が逃げにくい 方向性が安定しやすい
 弾道がインサイドアウトになる ドローを打ちやすい
 バックスイングが大きくなる 飛距離が伸びやすい

以上が、クローズスタンスを取ることによる主なメリットです。

こうしたメリットをうまく使って、状況に応じてスタンスを使い分けることができれば、その状況を楽に乗り越えたり、自分の悪い癖による影響を軽減することが出来ます。2章では、オープンスタンスを使うべき場面をご紹介します。

2. オープンスタンスの方が楽に打てる3つの場面

オープンスタンスで打った方が、特に楽に打てる場面は以下の3つです。

  • 100yを切るアプローチショット
  • バンカーからの脱出
  • つま先が上がるような傾斜地

以上の3つの場面では、オープンスタンスで打ったほうがより楽で簡単に、正確に打つことが出来ます。

2.1. 100yを切るアプローチショット

100yを切るアプローチショットでは、オープンスタンスで打った方がショットの正確性が高まります。

常に同じスタンスでスイングしていると、ターゲットまでの距離が短くなっていくに連れて、徐々に振り幅が小さくなっていきます。振り幅が小さくなると、その分下半身が回りにくくなって体重移動がおろそかになり、手打ちをしやすくなってしまいます。

それを防ぐために、下半身がリードしやすいオープンスタンスをとっておくことが重要です。実際、プロは必ずと言っていいほど、「アプローチの基本は下半身で打つこと」といいます。手の力ではなく、しっかりと下半身を使って打つことができれば、トップなどのミスを無くすことが出来ます。
オープン-1

その上、オープンスタンスだとバックスイングを小さくしやすいので、安定性と正確性が高くなります。アプローチショットでは、飛距離よりも安定性や正確性の方が大切になってきますから、オープンスタンスのほうがおすすめです。

また、バックスイングの大きさを調整しやすいので、それによって意図的に飛距離を落としやすいこともメリットです。ショートアイアンやウェッジでアプローチショットを打つ際には、バックスイングの大きさを調整することで、飛距離を細かく調整することが可能です。

アプローチショットの際は、ターゲットまでの距離が短くなるほどオープンの度合いを大きくして、逆にスタンス幅は狭くしていくことを心がけましょう。

2.2. バンカーからの脱出

バンカーから脱出するときには、下半身をしっかりと使えるオープンスタンスで打つことをおすすめします。

バンカーショットでは下半身をしっかりと回転させることが重要になります。下半身を使うとヘッドの軌道が安定するので、弾道が安定しやすい上に、ボールにもパワーがしっかりと伝わります。

もう一つの理由は、ダウンブローで打つためです。バンカーから脱出するときには、左足に力を入れてダウンブローで打つと、簡単にバンカーから脱出することが出来ます。

また、ダウンブローで打つことによりボールにスピンがかかりやすくなりますから、グリーンなどでボールをしっかり止めたい場合には、オープンスタンスが最適です。

ダウンブローで打つことのメリットと、打ち方の基本とコツに関しては「グリーンでボールが止まる!正しいダウンブローの基本とコツ」という記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

2.3. つま先が上がるような傾斜地

アドレスした時につま先が上がってしまうような傾斜地では、オープンスタンスで打つようにしましょう。



傾斜地1-1

つま先が上がるような傾斜地だと、自然とボールにフック回転がかかってしまいます。そこで、軌道がアウトサイドインになるオープンスタンスを使うことによって、フック回転を軽減させます。それに加えて、ターゲット方向よりもフェースを開いて打てば、さらにフックを抑えることが出来ます。

ただ、あまりにも極端にアウトサイドインにしてしまうと、ヘッドは傾斜の高い方から低い方へと移動していきますから、ヘッドが地面に引っかかりやすくなってしまいます。傾斜を見極めて、オープンスタンスの度合いを決めていきましょう。

3. オープンスタンスを取るときに注意する3つのポイント

オープンスタンスを取るときには、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 肩と太もものラインにも注目
  • スタンス幅は自分の一番立ちやすい幅にする
  • ボールは最下点にこない

3.1. 肩と太もものラインに注目

「オープンスタンスを取る」といったときに、多くの方は右足と左足を結んだラインである「スタンスライン」ばかりを気にしてしまうと思います。ですが、スタンスラインよりも、肩と太もものラインのほうが重要です。

オープンスタンスを取る上で大切なラインを順に上げると、

  1. 肩のライン
  2. 太もものライン
  3. スタンスライン

という順番になります。

肩&太もも

肩のラインは、ボールの弾道を左右する重要なラインです。その上、肩のラインがしっかりとしていれば、太もものライン、スタンスラインも自然とその方向を向いていることが多いです。

スタンスラインだけではなく、肩のライン、太もものラインにも注意して、オープンスタンスを取るようにしましょう。

3.2. スタンス幅は自分の一番立ちやすい幅にする

スタンスの幅は、原則、クラブの長さに応じて自分の一番立ちやすい幅にしましょう。

目安は、ドライバーの場合、あなた自身の1歩分の歩幅になります。7番アイアンだと、大体肩幅ぐらいです。クラブの長さが長いほどスタンス幅を広く、逆に短いほど狭くしていくことが一般的です。

100yからのアプローチショットの際には、ターゲットまでの距離が短くなるほどスタンス幅を狭くしていくことに注意しましょう。アプローチでは特に身体の安定性が求められますから、「何cm」という決まりはありませんが、とにかく身体全体が安定したスタンス幅を取るようにして下さい。

また、傾斜地では、普段よりもスタンス幅を広くとったほうが、安定してショットをすることが出来ますので、意識して調整するようにしましょう。

スタンス幅は、身体の回転に大きく影響します。極端に広いと身体を回転させにくく、逆に狭いと下半身が安定せずふらついてしまいます。ですので、最も大切なのは「自分が立ちやすいか」ということです。これを目安にして調整してきましょう。

3.3. ボールは普段より右寄りに

オープンスタンスの時には、ボールの位置は普段よりも右寄りにきます。

右寄り1-1 修正

オープンスタンスをしてから普段の場所にボールを置いてしまう方もいますが、それは正しいオープンスタンスにはなりません。

正しくは、普段の場所にボールを置いてスクエアスタンスで構え、そこからボールを中心として身体だけを動かし、オープンスタンスの体勢を取ります。

そうすると、ボールは普段よりも右足寄りに置かれているように見えるはずです。そのボールの位置が、オープンスタンスでの正しいボールの位置です。

この位置にボールがくることによって、オープンスタンスのメリットである「ダウンブロー」を簡単に打ちやすくなります。ボールは普段よりも右足寄りにくるということを、忘れないようにしましょう。

4. オープンスタンスでありがちな間違い2選

最後に、オープンスタンスを取るときにありがちな間違いを2つご紹介します。

  • 足だけをオープンにしてしまう
  • フェースを調整しないまま打ってしまう

アマチュアの方がオープンスタンスをとるときに、やってしまいがちな間違いが上の2つです。以下でそれぞれについてご説明しますので、このような間違いをしないように注意しましょう。

4.1. 足だけをオープンにしてしまう

足だけをオープンにしても、正しいオープンスタンスとは言えません。3章でもご紹介しましたが、きちんと上体もオープンにする必要があります。

まだ、スコア100が切れませんか?

練習を続けても、伸びない飛距離、上達しないスイング…。 実に7割のゴルファーは、100を切れていないそうです。 1万人のゴルファーが参考にした、スコア100の切り方とは… →くわしくはこちら

アプローチを苦手としている方に多いのが、オープンスタンスを取るときに、足だけをオープンにしてしまう癖がついている方です。「アプローチが苦手だ」という自覚がある方は、ぜひ一度足だけがオープンになっていないか確認をしてみて下さい。

スタンスラインはもちろん弾道に影響しますが、肩と太もものラインと比較すると、弾道への影響力が低いです。ですので、足だけをオープンにするのではなく、上体もオープンにした方が弾道を変化させやすいです。

足だけをオープンにしていないか、一度自分のスタンスを確認してみて下さい。

4.2. フェースを調整しないまま打ってしまう

オープンスタンスをとった状態でフェースを調整せずに打ってしまうと、ボールはターゲットに対して左側に飛んで行ってしまいます。打つ前には、フェースを開くようにしましょう。



もちろん、ヘッドの軌道はアウトサイドインになりますのでボールには右回転がかかりますが、フェースが極端に左に向いているとフックになってしまいます。ですので、打つ前にはフェースがターゲット方向を向くように調整しましょう。

まずはスクエアスタンスでボールを置いて、肩・太もも・スタンスのラインに注意しながらオープンスタンスの体勢にします。体勢がとれたら、フェースをターゲット方向に開いてからしっかりとグリップを握りなおしてください。このときグリップをし直さないと、インパクトの際にフェースが閉じてしまいます。

オープンスタンスでショットをする際には、この一連の動作を忘れないようにしましょう。

5. まとめ

「ゴルフはアドレスが8割」 このような言葉があるように、アドレス・スタンスはゴルフにおいて最も大切な要素のひとつです。

今回はその中でも、バンカーショットやアプローチショットで便利な”オープンスタンス”を使うべき場面と、スタンスのコツについてご説明しました。

場面に応じてオープンスタンスを活用して、苦しい場面をスムーズに乗り越えていきましょう。


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中