捜索とは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

捜索とは

捜索とは、打球を探すことをいいます。ゴルフでは、打球が予想外の方向に飛んでしまい、ボールが行方不明になってしまうことがあります。その際には同伴競技者と協力をしながら「捜索」を行います。

もし、捜索しても5分以内にボールを見つけられなかった場合、もしくは自分のボールだと確認できなかった場合には「紛失球(ロストボール)」となります。この場合は、元のボールを最後にプレーした所から1打罰で別のボールを打つことになるので、計2打です。この後に元のボールを発見したとしても、そのボールは有効となりません。

マイベストプロ大阪・和歌山

ボールを捜索する前には、「暫定球」を打つのが一般的です。暫定球とは、打ち直しによる時間ロスをなくすために、その場(元々ボールがあった場所)からもう一度打つボールのことです。暫定球を打つ際には「暫定球を打ちます」と宣言してから打つ必要があります。

ボールの捜索を行う際には、ボールを確認するのに必要な最低限の範囲で草に触れたり、ボールが確認できないほどに砂に覆われている場合は、その砂に触れて動かすことが出来ます。その他捜索に関してのルールは、ゴルフ規則で詳細に定められていますので、「ゴルフ規則第3章規則12 球の捜索と確認」をご覧ください。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中