ショートパットとは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ショートパットとは

ショートパットとは、1パットで確実に入るような短い距離のパットのことをいいます。ショートパットとする距離に関しては規定がなく、プレイヤーによって基準は異なります。

ショートパットではカップまでの距離が短いため、カップではなくボールに目が行きがちです。しかし、ボールばかり見るよりもカップをしっかり意識して打ったほうが、距離感や方向性がよくなります。

また、ショートパットでのミスは、メンタルが原因になることも多いです。一時的に極度の緊張状態に陥り、スムーズなパッティングができなくなることを「イップス」といいます。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中