スライスラインとは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スライスラインとは

グリーン上でパッティングをした際に、ボールが左から右に曲がってしまうような地面状況にあるとき、「スライスライン」のパットであるといいます。スタンスラインか否かはアンジュレーション芝目で決まります。また、単に右に曲げるようなパッティングラインのこともスライスラインと呼ばれます。

ちなみに、逆にボールが右から左に曲がってしまうような地面状況にあるときは、「フックライン」のパットであるといいます。

スライスラインとフックラインはどちらも和製英語で、海外では一切通じません。それぞれ「Break to right」「Break to left」というので、注意しましょう。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中