スパイク跡とは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スパイク跡とは

スパイク跡とは、ゴルフシューズで歩くことによって出来た、グリーン上の傷のことをいいます。「スパイクマーク」とも呼ばれます。

グリーンは非常にデリケートなため、少しでも足を引きずると傷が出来てしまいます。グリーン上を歩くときには、足を引きずらず、慎重に歩くようにしましょう。

spike-mark1

ルール「グリーン上の直せるキズ跡と直せないキズ跡は?」|GEN-TEN

パッティングライン上にスパイク跡があり、プレーの妨げとなるような場合でも、スパイク跡を直すことは認められておらず、直した場合には2打罰となります。ただし、ボールがグリーン上に止まったあとに、パッティングライン上を同伴競技者によって傷つけられた場合は「公正の理念」に基いて直すことが出来ます。

もし自分がグリーンを傷つけてしまった場合には、ホールアウトをした後に直すようにしましょう。ホールアウト後であれば制限なく直すことが出来ます。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中