スピンとは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スピンとは

スピンとは、ゴルフボールを打った時にかかるボールの回転のことをいいます。打たれたボールには必ず回転がかかります。

スピンのかかり具合のことを「スピン量」といいますが、スピン量とスピンのかかる方向次第で、ボールの軌道や転がりの具合が変わります。スピン量・スピンの方向は、主にクラブ・ボールの種類、打ち方によって決定します。

スピンには、バックスピンやサイドスピンがあります。バックスピンは、ボールの進行方向に対して逆方向に回転がかかっているスピンで、アプローチショットの際によく使われます。バックスピンの強いボールがグリーンに乗ると、グリーン上でボールがピタリと止まったり、落下後弾道とは逆向きに戻るなどの現象がおきます。

WHAT IS SPIN RATE? |TRACKMAN

サイドスピンとは、横回転のことです。右方向のサイドスピンがかかればボールが右に曲がるスライスとなり、左方向のサイドスピンがかかればボールが左に曲がるフックとなります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中