スプリットハンドとは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スプリットハンドとは

スプリットハンドとは、一般的にパターの際のグリップの方法のひとつで、左右の手を離して握るのが特徴です。パター以外でも、素振りでの練習の際にスプリットハンドにする場合があります。ちなみに「スプリットグリップ」とも言います。

“Quality, Science & Sports News”

スプリットハンドで打つことでミスを軽減し、安定したショットにすることが出来ます。なお、両手の間隔は人それぞれなので、実際にグリップをしてみて、自分が最も違和感なく握れる間隔を探す必要があります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中