アプローチに強くなる!チッパーの打ち方3つのポイント

キャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チッパーと聞くと、あまり馴染みがなく、初心者の方は「どんなクラブ?」中級者の方は、その形と使い方から「ルール違反じゃない?」と感じてしまうような、マイナーなクラブですよね。

ですがこのチッパーは、ルールを違反しているクラブではなく、時にプロゴルファーもアプローチをスムーズにするために使用する、スコアを改善してくれるクラブの一つです。

そこで今回はチッパーについて理解を深め、スコアに直結するアプローチを、チッパーで確実に決める方法をご紹介していきます。

これを読んで、アプローチの確実性を更に上げていきましょう。

目次

1. チッパーを使う3つの理由
1.1. ソール幅が広い
1.2. 自然と理想的なピッチ&ランの形で打てるようになる
1.3. ルール上はアイアン

2. チッパーでピンそばに寄せる打ち方、3つのコツ
2.1. しっかりとハーフスイングで打つ
2.2. グリップはアイアンと同様で打つ
2.3. 距離はグリーンまで50ヤード以内で打つ

3. まとめ

1. チッパーを使う3つの理由

アプローチに特化して作られているチッパーには、以下の3つの理由があります。

  • ソール幅が広いこと
  • 理想的なピッチ&ランの形で打てるようになる
  • ルール上はアイアンの扱いであること

主にチッパーは、ゴルフ上級者の方は使用しませんが、広いソール幅でダフリのミスを減らし、理想的なアプローチが打ちやすく、また感覚も身につくため、アプローチが苦手な方や、ゴルフ初心者の方にオススメのクラブです。

そんな難しいアプローチの場面で大活躍するチッパーは、ルールにしっかり適合していますが、一昔前にルール不適合のチッパーが出回っていたことから、ゴルファーの方によっては悪いイメージがあることも。

ここでは、そんなチッパーの使いやすい理由と、ルール上でのチッパーの扱いについて、関して詳しくご紹介していきます。

1.1. ソール幅が広い

チッパー最大の理由は、下の画像のように、ソール幅(リーディングエッジから、トレーリングエッジにかけての長さ)と呼ばれるものが広いことです。
SONY DSC
このソール幅が広ければ広いほど、芝や砂の上を滑るようなインパクトとなるため、地面に刺さりにくく、ミスの中でも一番ありがちな、ダフリのミスを減らすことができます。

チッパーでは、このソール幅が広く作られているため、キレイに芝や砂の上を滑るようなスイングで、ダフリにくいスイングが出来る設計になっています。

1.2. 自然と理想的なピッチ&ランの形で打てるようになる

2つ目のポイントは、自然に理想的なピッチ&ランの形で、アプローチできることです。

ピッチ&ランは、下の画像のように、キレイにボールを上げてグリーンで着地させ、ピンそばに寄せるアプローチの中で、最もメジャーな打ち方ですが、一番確実なショットです。ピッチエンドラン
チップインも狙えるこのピッチ&ランですが、チッパーは打球が全てピッチ&ランのみ打てるようになっているクラブですので、ピッチ&ランの形が自然に打てるようになっています。

アプローチが苦手な方だけでなく、ゴルフ初心者の方がピッチ&ランを習得する感覚を掴むためにも活用することができます。

1.3. ルール上はアイアン

チッパーは、広いソールの幅からパターのように打つクラブですが、ルール上はアイアンということになるクラブです。

アイアンとパターの中間の飛距離に対応したチッパーはつい、「ルール違反ではないの?」と思われがちですが、ルール上はアイアンとして区別されている、ルールに適合したクラブです。

チッパーはルールに適合した上で、アプローチをより簡単に決めることが可能にしてくれます。

2. チッパーでピンそばに寄せる打ち方、3つのコツ

チッパーで、スコアを改善するためのコツは3つ

  • しっかりとハーフスイングで打つこと
  • グリップはアイアンと同様にすること
  • 50ヤード以内を狙うこと

があります。

ここでは、一打でピンそばに寄せたり、チップインさせたりといった、チッパーでスコアをあげる3つのコツをご紹介していきます。

2.1. しっかりとハーフスイングで打つ

チッパーは、しっかりハーフスイングをして打ちぬく意識を持ちましょう。

グリーン周りのアプローチショットで効果を発揮するチッパーですが、アプローチショットにしては強めに、しっかりと打ちぬくハーフスイングをすることがポイントです。
18
スタンスの状態での腕と手首を固定して、身体ごと回転させながら、腰の高さから腰の高さまで、しっかり打ちぬくスイングをしましょう。

この時に気をつけたい部分として、強めを意識しすぎてフルスイングしないよう心がけましょう。

2.2. グリップはアイアンと同様で打つ

チッパーはアプローチ専用のクラブですが、グリップはアイアンのように握りましょう。

先ほど、アプローチ専用のチッパーでも、ハーフスイングで強め打ちぬくとご紹介しました。これに合わせて、グリップも強めに打てるよう、アイアンのような握りをすることもポイントになってきます。

アイアンのグリップにも、スクウェアグリップやストロンググリップ、ウィークグリップなど様々ありますが、いつもアイアンでショットする際のグリップで構いません。

ご自身のグリップに違和感や不安がある方は、『図解!ゴルフグリップの基本と正しい握り方』にグリップに関する詳しいことをまとめてありますので、コチラも合わせて確認してみてください。

2.3. 距離はグリーンまで50ヤード以内で打つ

アプローチに適用したクラブにも様々ありますが、チッパーはグリーンまで50ヤード以内の場面で選びましょう。

チッパーは、いくら強く打ってもアプローチ専用クラブですので、最大の飛距離は30ヤードから40ヤード程度が一般的です。

ですので、ランニングアプローチが基本のチッパーでは、狙える距離は50ヤードです。50ヤード以上の距離が求められる場面の場合、チッパーではなくウエッジなどのクラブを選びましょう。

3. まとめ

いかがでしたか?チッパーに対して、あまり良いイメージを抱いていなかった方もいらっしゃると思いますが、チッパーは理想的なピッチ&ランの感覚を身につけることができたり、ルールにしっかり適用しているなど、活用したいポイント満載の魅力的なクラブです。

「アプローチが苦手…」という方やゴルフ初心者の方は、ここでご紹介した、チッパーを使う3つの理由と打ち方のコツを押さえて、スコア改善を目指しましょう!


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中